2012年04月30日

4月の一冊

今月読みましたのは14冊です。

まずまずの量。

・「耽溺者(ジャンキー)」グレッグ・ルッカ
・「お金をかけずに食を楽しむフランス人 お金をかけても満足できない日本人」吉村葉子
・「マリモ 酒漬けOL物語」山崎マキコ
・「仮面の国」柳美里
・「剣客商売 隠れ蓑」池波正太郎
・「息がとまるほど」唯川恵
・「グルメの嘘」友里征耶
・「四畳半神話大系」森見登美彦
・「味な旅 舌の旅」宇能鴻一郎
・「塩の街」有川浩 
・「ホンのお楽しみ」藤田香織 
・「ちゃぶニチュード! 日本全国マズイ店列伝」野瀬泰申
・「粗茶を一服 損料屋喜八郎始末控え」山本一力
・「世界一周恐怖航海記」車谷長吉

「耽溺者(ジャンキー)」、翻訳ものです。

長かったですけどそれほど退屈はしませんでした。

かといってのめり込みもしませんでしたけど。

「お金をかけずに食を楽しむフランス人 お金をかけても満足できない日本人」、まさしく国民性が表れていますね。

食事に限らずとにかくお金をかけるのがいいことだと思っている日本人は多いと思います。

「マリモ 酒漬けOL物語」、いまいちでした。

まとまりが悪い印象です。

どうせならコメディ路線でいったほうがよかったように思いますが。

「仮面の国」、さすがの柳美里。

賛同できるかどうかは人それぞれですが、ビシバシと鋭い発言をしておられます。

「剣客商売 隠れ蓑」、本編16巻、番外編2巻の中の7巻目です。

いつもながらどっぶりと世界に浸れます。

「息がとまるほど」、短編集。

綺麗ごとではない女性の生き様が描かれていて楽しめました。

「グルメの嘘」、飲食評論業界でなにかと話題(?)な友里氏。

私はこういう人がいていいと思いますけどね。

「四畳半神話大系」、森見ワールドですねぇ。

同じ文章が何度も出てきてくどかったりもしますが、構成上やむを得ないことでしょう。

真面目なんだかふざけてるんだかわからない雰囲気がいい。

「味な旅 舌の旅」、グルメな宇能鴻一郎センセイ。

実は別名義でグルメ小説なんかも書いておられるんですよね。

「塩の街」、有川浩のデビュー作。

なかなかのSFだとは思いますが、ちょっと恋愛に肩入れし過ぎな感あり。

それがこの作者の持ち味かもしれませんけども。

「ホンのお楽しみ」、本日の脂肪率が何%だのどうでもいい前フリは鬱陶しいですが、本の紹介については参考にさせていただきたいと思います。

「ちゃぶニチュード! 日本全国マズイ店列伝」、著者は日本経済新聞特別編集委員。

お堅い肩書きのわりにはなかなか面白い試みをなさっています。

「粗茶を一服 損料屋喜八郎始末控え」、シリーズ第3弾。

主人公の喜八郎はもちろん、ライバルの伊勢屋がいい味を出してきて欠かせない脇役となってきました。

「世界一周恐怖航海記」、怨念の作家・車谷長吉の世界一周船旅エッセイ。

100日間の旅で作家は何を見、何を感じたのか。

興味深く楽しく読みました。

さて、今月の一冊ですが。

今回も読んでいて「今月はこれだな」と読みながら鼻息荒くなるほどの作品はなし。

というか、そこまで興奮させてくれる作品ってそうそうありませんけどね。

しかし池波正太郎、唯川恵、山本一力など毎回安定したレベルの作品を楽しませてくださいます。

森見登美彦、有川浩といった若手の作品もそれなりによかったですし。

やはり「粗茶を一服 損料屋喜八郎始末控え」でしょうか。

シリーズ第3弾ということで最初ほどのインパクトはありませんけども、さすがに山本一力。

上手いですねぇ、読ませてくださいます。

人情とか男気とかそういうのにシビレるんですよね。

今月の一冊はこれで。

Cimg1919

posted by たろちゃん at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック