2012年10月30日

10月の一冊

今月もいつものペースで読むことができました。

ジャンルもいろいろと。

・「〝全身漫画〟家」江川達也
・「悲桜餅 料理人季蔵捕物控」和田はつ子
・「坂本ミキ、14歳。」黒野伸一
・「宴は終わりぬ」西村寿行
・「新版 つげ義春とぼく」つげ義春
・「食というレッスン」岸本葉子
・「アミダサマ」沼田まほかる
・「うつうつひでお日記」吾妻ひでお
・「言葉のレッスン」柳美里
・「寿司屋のかみさん うまいもの暦」佐川芳枝
・「僕はいかにして指揮者になったのか」佐渡裕
・「三等重役」源氏鶏太
・「奇天烈な店」村松友視
・「大恋愛をお約束します!?」広瀬もりの

「〝全身漫画〟家」、漫画家の創作の内面がわかって興味深い本です。

ポリシーに基づいたチャレンジ精神はすごいと思います。

「悲桜餅 料理人季蔵捕物控」、前作で物足りなさを感じましたが相変わらず。

すでにシリーズ14弾まで購入済みですが、どのあたりで納得いくレベルに達してくれるのでしょう。(笑)

「坂本ミキ、14歳。」、爽やかな青春小説であり家族小説。

タイトルはちょっとどうかなと思いますが。

「宴は終わりぬ」、西村寿行唯一のエッセイ集。

貴重な本を購入できました。

「アミダサマ」、イマイチでしたね。

実力よりも話題性が先走っている作家ではないでしょうか。

「うつうつひでお日記」、いいですねぇ、アジマシデオ。(笑)

転んでもただでは起きない底力を感じさせます。

「言葉のレッスン」、鋭利だけど脆いイメージがある柳美里。

エッセイにはそんな彼女の感性がよく現れていると思います。

「僕はいかにして指揮者になったのか」、佐渡裕、私の好きな指揮者です。

そのせいか面白くて一気に読みました。

「三等重役」、かなり古い小説ですが、それを感じさせないユーモアがあります。

のどかでほのぼのとした気分で楽しめました。

「奇天烈な店」、このような店が実在するとは。

そんな店を題材にし、幻想的な雰囲気と落語的な語り口で読ませるのは作者の力量。

「大恋愛をお約束します!?」、たまたま目に付いて気になって購入してみたのですが、まずまずそれなりに楽しめました。

たまにはこういうのもありですね。

さてさて今月の一冊ですが。

やはり夢中になって楽しめたということで「僕はいかにして指揮者になったのか」ですかね。

10月の一冊はこれに決定。

Cimg2047

posted by たろちゃん at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック