2012年11月01日

「内面のノンフィクション」山田詠美

Cimg2057

対談集です。

顔ぶれが顔ぶれだけに、やはりその内容は文学や創作についてということになります。

それを通して恋愛感や国民性といったものが語られていきます。

山田詠美というと私にとってはなんだかアナーキーなイメージがあり、いまだにほとんど小説は読んでいません。

ですけどこうやって対談を読みますと決してそんなことはなく、けっこう肩の力の抜けた感じの人なんですね。

ちなみに対談に登場する人物を列記しておきましょう。

野坂昭如、小島信夫、大島渚、井上ひさし、島田雅彦、谷川俊太郎、佐伯一麦、吉田ルイ子、瀬戸内寂聴

錚々たるメンバーです。

posted by たろちゃん at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック