2012年11月25日

「赤×ピンク」桜庭一樹

Cimg2059

廃校になった小学校で夜毎開催されるガールズファイト。

そんなリングに上がる3人の女性が主人公です。

同じ話を章が変わるごとにそれぞれの人物の視点から書かれています。

なのでその章の主人公の視点からは見えない行動や心理が別の章では書かれていたりするわけです。

そう考えていたのかとか、そのように見ていたのかとか、実はそうだったのかとか。

んでまあ、これはいったいなんなのですかね。

格闘技小説としては中途半端、というよりまったくなっていませんし、それを味付けにした青春小説?

う~ん、作者がオタクなら読者層もオタクを想定して書かれたような小説です。

コアな桜庭ファンならともかく、一般には無理でしょ、これ。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック