2012年11月29日

11月の一冊

今月もいつもと同じく14冊です。

けっこう内容は濃かったように思います。

・「内面のノンフィクション」山田詠美
・「生きる」乙川優三郎
・「匂い立つ美味 もうひとつ」勝見洋一
・「もっと塩味を!」林真理子
・「野ブタ。をプロデュース」白岩玄
・「久住昌之の人生読本」久住昌之
・「授乳」村田沙耶香
・「ミシン」嶽本野ばら
・「食べるのが好き 飲むのも好き 料理は嫌い」内館牧子
・「孤虫症」真梨幸子
・「深川駕籠」山本一力
・「活字学級」目黒孝二
・「赤×ピンク」桜庭一樹
・「どぜうの丸かじり」東海林さだお

「内面のノンフィクション」、山田詠美の対談集。

この作家はなぜかなかなか小説に手を出せず、ちゃんとデビュー作から小説を追いかけたいと思いつつ、いまだに・・・・。(笑)

「生きる」、初めて読む作家ですが、さすがの直木賞受賞作、よかったですね。

他の作品もぜひ読んでいきたい。

「匂い立つ美味 もうひとつ」、ちょっと著者のナルが鼻につきますかね。

まあぼちぼちと楽しみました。

「もっと塩味を!」、フィクションですが実在の人物をモデルにした小説です。

ただそれにとらわれ過ぎたか、物語としては弱い気がしました。

「野ブタ。をプロデュース」、軽いノリですが読み進めていきまして楽しめました。

ただ一発屋の雰囲気がなきにしもあらず。

「授乳」、群像新人賞受賞作ですが、もひとつよくわからない。

私にはわからないだけで、そのわからなさがこの人の持ち味なのか。

「ミシン」、タイトルからしてファッションをテーマにした小説かと思いましたがまったく違いました。(笑)

端整な文章、耽美な雰囲気、嶽本ワールドですね。

「孤虫症」、どう考えてもこれはバカミスです。

よくもまあと思いますが、いい方向に傾くとすごい作品を書かれそうです。

「深川駕籠」、さすがの山本一力。

シリーズとなっているようなので今後の話も楽しみです。

「赤×ピンク」、まず感じたのはオタクだなぁということ。

もともとファミ通文庫ですし。

直木賞作家ではありますが、これは受賞に乗じて出版されたんじゃないですかね角川さん。(笑)

さて今月の一冊ですが。

う~ん、そこそこ粒揃いでしたがそのせいか逆に突出して感じたものもなく。

そうですね、今後この作家を読む楽しみとしまして「生きる」乙川優三郎を。

時代小説の味わい深さというものを満喫させていただきました。

すでに他の作品も購入済みです。

今月はこれで。

Cimg2056_2

posted by たろちゃん at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック