2013年01月30日

1月の一冊

今月は14冊読みました。

・「空中ブランコ」奥田英朗 
・「インスタントラーメン読本」嵐山光三郎
・「誰よりも美しい妻」井上荒野
・「闇の梯子」藤沢周平
・「作家の口福」恩田陸ほか
・「文学賞メッタ斬り! 受賞作はありません編」大森望 豊崎由美
・「脳男」首藤瓜於
・「鍋の中」村田喜代子
・「新解さんの謎」赤瀬川原平
・「ミザリー」スティーヴン・キング
・「世界ぐるっと朝食紀行」西川治
・「くいだおれ波乱万丈記」柿木道子
・「フグが食いたい! 死ぬほどうまい至福の食べ方」塩田丸男
・「ニート」絲山秋子

「空中ブランコ」、シリーズ第2弾。

やはり伊良部医師のなんともいえない無邪気な魅力がいい。

「インスタントラーメン読本」、たまにしか食べませんがインスタントラーメンは好きです。

これはもう食のひとつのジャンルであり文化ですよね。

「誰よりも美しい妻」、淡々とした不穏な夫と妻の関係。

井上荒野の世界ですね。

「闇の梯子」、ちょっとやりきれないような話です。

でもしっくりと読ませます。

「作家の口福」、私は食エッセイが好きでして。

いろんな作家の食エッセイを読めるお得な一冊でした。(笑)

「文学賞メッタ斬り! 受賞作はありません編」、相変わらず読書量がものすごいお二人。

作品だけでなく、文学賞の選評に対しての辛口のコメントも痛快。

「脳男」、細かな部分にいろいろと甘さを感じました。

でも鈴木一郎の続編はちょっと読んでみたいかも。

「鍋の中」、地味な話ではあります。

霜降りのステーキではなく、スルメのような味わいです。(笑)

「新解さんの謎」、ネットサーフィン(死語ですが)のように辞書で楽しむというのは昔よくやりました。

でもこれは辞書そのものがエンターテイメントになっているという報告例。

「ミザリー」、映画にもなったベストセラーですね。

でも、いかにもな外国小説の言い回しが私には馴染めませんでした。

「世界ぐるっと朝食紀行」、昼食や夕食ではなく朝食にこだわったのがミソ。

朝食を通して現地の姿が見えるんじゃないでしょうか。

「くいだおれ波乱万丈記」、惜しまれながら閉店した大阪は道頓堀の飲食店『くいだおれ』。

店の裏側のいろんな苦労話を知ることができました。

「フグが食いたい! 死ぬほどうまい至福の食べ方」、とにかくフグを愛してやまない著者。

徹底的にフグを検証しておられます。

「ニート」、まさしくタイトルのままニートな男を扱った小説です。

絲山秋子らしい男女関係を描いていますね。

というわけで今月の一冊なのですが。

いつも書いているような気もしますが、なかなか抜きん出てこれという作品には出会えませんね。

でももちろんそれぞれ楽しませていただいています。

そんな中から今月なら「空中ブランコ」、「誰よりも美しい妻」でしょうか。

「空中ブランコ」は誰もが楽しめるエンターテイメント作品だと思います。

「誰よりも美しい妻」はちょっと読者を選ぶかも。

でも私は「誰よりも美しい妻」井上荒野を今月の一冊に選びたいと思います。

Cimg2091

posted by たろちゃん at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック