2013年03月31日

3月の一冊

今月もなんとか15冊読むことができました。

月10冊読めればいいなと思っていますので、私にしては上出来です。

・「スローフードな日本!」島村菜津 
・「夏を喪くす」原田マハ
・「本屋通いのビタミン剤」井狩春男
・「なぜザ・プレミアムモルツは売れ続けるのか?」片山修
・「セックスボランティア」河合香織
・「地の果て 至上の時」中上健次
・「今朝子の晩ごはん 仕事も遊びもテンコ盛り篇」松井今朝子
・「でかい月だな」水森サトリ
・「第2図書係補佐」又吉直樹
・「朗読者」ベルンハルト・シュリンク
・「読むクラシック」佐伯一麦
・「陽だまりの彼女」越谷オサム
・「悪い食事とよい食事」丸元淑生
・「今朝の春 みをつくし料理帖」高田郁
・「変なおじさん 【完全版】」志村けん

「スローフードな日本!」、ファストフードが席捲する昨今の飲食業界。

体や自然を考えれば、昔ながらの素材を使った食事に回帰すべきではないかと真剣に思わされる一冊でした。

「夏を喪くす」、すべて中年を主人公にした中編集。

10代20代にはないそれなりの人生経験を経て迎えるドラマがいい。

「本屋通いのビタミン剤」、著者でも編集者でも書店でもない取次ぎという仕事。

そんな独特の目線がいいですね。

「なぜザ・プレミアムモルツは売れ続けるのか?」、サントリーのヒット商品について書かれた本。

この商品が出るまでビール部門は45年間赤字を続けていたというのが驚きでした。

「セックスボランティア」、タブー視されていた障害者の性について書かれて話題になりました。

著者の勇気と行動力に拍手。

「地の果て 至上の時」、読むのにかなり時間がかかりました。

中上健次の小説は読むのにも体力がいります。(笑)

「今朝子の晩ごはん 仕事も遊びもテンコ盛り篇」、日記エッセイです。

作家の日常を知ることができて興味深い。

「でかい月だな」、小説すばる新人賞受賞作。

このあとどういうのを書いていかれるのだろうと気になりましたが。

「第2図書係補佐」、著者の読書経験から小説も書けるのではと感想を書いたところ、偶然その数日後に書店のイベントで小説に意欲を見せられたとのこと。

今後の展開に期待。

「朗読者」、海外小説にありがちな鬱陶しい言い回しもあまりなく、読みやすかったです。

まずまずでした。

「読むクラシック」、音楽評論家ではなく作家の書いた本だけに、堅苦しくなく楽しめます。

自身の経験をさりげなくクラシック音楽に繋いでおられるのがいい。

「陽だまりの彼女」、ベタともいえる恋愛小説ですが、ファンタジーに仕上げているのがミソ。

ここだけの話ですが(どこだけだ 笑)、ちょっと泣いちゃいました。

「悪い食事とよい食事」、栄養素が体にどのような影響を与えるか。

現代の食生活事情において知っておく必要はあるでしょうね。

「今朝の春 みをつくし料理帖」、楽しみに読んでいるシリーズです。

話作りが上手い作家さんだなぁと思います。

「変なおじさん 【完全版】」、別にファンというわけではないのですが、なぜか読んでみました。

お笑いに対しての真摯な姿勢が伺える良書でした。

さてさて、今月の一冊。

高田郁の「今朝の春 みをつくし料理帖」がやはりですか。

ですが、ここはこの作品に1歩譲りましょう。

今月は「陽だまりの彼女」ということで。

Cimg2127

posted by たろちゃん at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック