2013年04月30日

4月の一冊

今月の読書は14冊です。

最近の平均的なペースですね。

読みましたのは以下の作品。

・「人情屋横丁」山本一力
・「出版界の仕掛人 編集者の素顔」
・「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
・「読者は踊る」斎藤美奈子
・「包帯をまいたイブ」冨士本由紀
・「趣味は佃煮 ある大学教授の「無趣味」からの脱出」小町文雄
・「マディソン郡の橋」ロバート・ジェームズ・ウォラー
・「夫婦茶碗」町田康
・「私の体を通り過ぎていった雑誌たち」坪内祐三
・「Women at work!」真砂耀瑚
・「悶々ホルモン」佐藤和歌子
・「AV時代 村西とおるとその時代」本橋信宏
・「苦役列車」西村賢太
・「三匹のおっさん」有川浩

「人情屋横丁」は時代作家の食エッセイ。

やはりこういうジャンルにおいても著者の小説での作風を感じます。

「出版界の仕掛人 編集者の素顔」、縁の下の力持ちともいえる編集者という存在。

この雑誌にはこんな編集者のエピソードがあったのかと知ることができる一冊です。

「ベルカ、吠えないのか?」、犬という動物を主人公(?)にしつつ、スケールでかいですねぇ。

でも癖のある文体は好みがわかれるかも。

「読者は踊る」、いつもながら面白い切り口で楽しませてくださる著者です。

聖書まで批評の対象としておられるのはあっぱれ。

「包帯をまいたイブ」、レズビアンを扱った恋愛小説。

でもその設定でなければ内容的にはどうこういうものではありません。

「趣味は佃煮 ある大学教授の「無趣味」からの脱出」、料理に興味ある人ならばとりあえず楽しめるでしょう。

でも私は著者は好きになれません。

「マディソン郡の橋」、ベストセラーで映画にもなりました。

なのでやっかみの批判も多いでしょうが、私は感動しました。

「夫婦茶碗」、この作者の描く主人公のダメっぷりって「素晴らしくどうよ」てな感じですね。

この後の作品もすでに購入済みですが、さて今後どのような話を読ませていただけるのか楽しみです。

「私の体を通り過ぎていった雑誌たち」、いろんな雑誌が登場しては無くなりました。

そんな雑誌たちを懐かしく思い出せました。

「Women at work!」、女性主人公を建設現場の監督(代行)にした設定が買いです。

ベタではありますが工夫を感じさせる内容でした。

「悶々ホルモン」、ホルモン好きな女性著者による女一人焼肉三昧な記録。

これ、男性が書いてもあまり面白くないでしょうね。

著者が女性ということで得をしています。

「AV時代 村西とおるとその時代」、とにかく村西とおるという監督のキャラでしょう。

それありきな本だと思います。

「苦役列車」、芥川賞受賞作。

たしかに面白いとは思いました。

ですが私は冷めた目で読みました。

「三匹のおっさん」、エンターテイメントとして楽しめました。

続編も読んでみたいですね。

さて、今月の一冊。

これはもう素直に感動した一冊として、「マディソン郡の橋」です。

翻訳ものは好きではないのですが、これは違和感なく楽しめました。

そして号泣。(笑)

今月はこれです。

Cimg2142

posted by たろちゃん at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック