2013年05月31日

5月の一冊

今月は以下の14冊でした。

・「ヒロカネ食堂 ヒロカネ式食文化論」弘兼憲史
・「終の住処」磯崎憲一郎
・「イニシエーション・ラブ」乾くるみ
・「闇の華たち」乙川優三郎
・「タイユバンの優雅な食卓」アンドリュー・トッドハンター
・「腦病院へまゐります。」若合春侑
・「料理人」ハリー・クレッシング
・「戻り川心中」連城三紀彦
・「勝手にふるえてろ」綿矢りさ
・「絶対音感」最相葉月
・「クライマーズ・ハイ」横山秀夫
・「ラ・パティスリー」上田早夕里
・「ウエンカムイの爪」熊谷達也
・「食味風々録」阿川弘之

「ヒロカネ食堂 ヒロカネ式食文化論」、ちょっと上から目線の説教臭さを感じました。

氏にはぜひマンガでグルメの世界を描いていただきたいです。

「終の住処」、シュールな内容でした。

私にとってはもひとつ良さがわからず。

「イニシエーション・ラブ」、ベタな恋愛小説のようで実は・・・・。

構成に感心しました。

「闇の華たち」、どの作品も明るくはなく悲哀があります。

でもそれが味わいあるんです。

「タイユバンの優雅な食卓」、ライターが実際に厨房に入って修行しての記録。

そして客の立場になって振り返るという面白い構成。

「料理人」、ラストの不気味なシュールさはなんなのでしょう。

いったい主人公はなにをしたかったのか・・・・。

「戻り川心中」、流麗で精緻な筆で男女の機微を描いておられます。

その筆にシビアな怖さもあるのです。

「勝手にふるえてろ」、この作者に関してはデビュー作からずっと世界の狭さを感じています。

もっと突き抜けた作品を読みたい気がするのです。

「絶対音感」、正直言いまして私には難しい内容でした。

しかし特別な才能を持つ人の話は実に興味深いです。

「クライマーズ・ハイ」、この事故を知る世代の最低ラインはいまや30代後半になるでしょうか。

新聞記者の視線で書かれたこの作品の息詰まる緊迫感は圧倒的です。

「ラ・パティスリー」、パティシエの世界を書いた小説なんて珍しいんじゃないでしょうか。

SF出身の作者ですが、ぜひこのジャンルでも活躍していただきたいです。

「ウエンカムイの爪」、デビュー作ということでやや緩い印象はあるものの、この後の「邂逅の森」に繋がる助走と考えれば。

西村寿行氏が生きておられれば、どのように評価されたのか、なんて考えました。

「食味風々録」、老作家の食エッセイ。

戦中の話は興味深く読ませていただきました。

さて、今月の一冊。

そうですねぇ、やはりドキドキハラハラと次の展開を期待しながらページをめくった「クライマーズ・ハイ」でしょうか。

「イニシエーション・ラブ」もインパクトあったんですけどね。

でも「クライマーズ・ハイ」のエンターテイメントを読む醍醐味感が忘れがたい。

ということで今月は「クライマーズ・ハイ」横山秀夫。

Cimg2168

posted by たろちゃん at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック