2013年12月27日

「七冠王 羽生善治 α波頭脳の秘密」マガジンハウス 編

Cimg2301

将棋に興味のない人でも羽生善治の名前は知っているんじゃないでしょうか。

やはり平成8年に前人未到の七冠王を達成したことが大きいと思います。

そして獲得賞金が2億円近く。

奥さんは女優。

まさに将棋界のスターです。

それまで将棋にまったく興味のなかった人が興味を持ち始めたりして、入門書の売り上げも伸びたとか。

将棋のイメージも変わりましたしね。

そんな天才棋士の頭脳はいったいどのようになっているのか。

というわけで本書を読んでみましたら・・・・。

「α波頭脳の秘密」なんてタイトルですから、脳医学的な見地から分析しているのかと。

最初のほうに「脳波を測定される七冠王」という写真もあります。

ところが内容はといいますと羽生は「α波頭脳である」という説明だけでほぼ終わり。

おい・・・・。(笑)

最初の写真はなんやねん。

あとは棋士や作家や解説者へのインタビュー。

「名勝負10選」と題した棋譜と解説。

「将棋が10倍楽しくなる将棋界の仕組みのすべて」なんて羽生のα波頭脳となんの関係があるんだか。

なんともマヌケな本でした。

でも脳医学のややこしい話をごちゃごちゃ読まされるよりはずっと楽しめましたけどね。

posted by たろちゃん at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック