2014年03月09日

「料理心得帳」辻嘉一

Cimg2351

懐石料理店の主人による食に関しての随筆です。

やはり内容は料理人らしく、素材について、その料理法についてなどが多い。

料理はまず素材の味を引き出すことが第一と主張されます。

もっともなことです。

なので過剰な細工や調味を戒めておられます。

たしかに見た目は華やかですが味は感心できるものではなかったり、温かいはずの料理が冷めていたりというのはよくあることです。

地味でもいいですから旬の素材の味を真っ当に楽しませてくれる料理がいいですね。

歳を取ってくるとよけいに。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 『つ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック