2014年03月27日

「まほろ駅前番外地」三浦しをん

Cimg2361

東京都にあるまほろ市という街で便利屋を営む多田啓介。

たいして親しくもなかった高校の同級生である行天春彦が居候として居ついて丸2年。

役に立たないながらも行天を助手としてなんとか経営を続けています。

いろんな客がいろんな仕事を依頼してくるのですが・・・・。

第135回直木賞受賞作の「まほろ駅前多田便利軒」の番外編といいますか続編といいますか。

タイトルからすると番外編ということなんでしょうね。

前作で登場した個性的な人物たちのプライベートに目を向けたような内容になっています。

生真面目な多田とちゃらんぽらんな行天という正反対のキャラが仕事の依頼主に対してどのような言動を取るのか。

その対比が面白い。

そして今回はそれぞれのラストに余韻があります。

前作はほとんど覚えていないのですが(汗)、それよりもちょっと文学しているような。

懐の深い達者な作家さんだなと思いました。

これどう考えても続編が出るでしょう。

多田の恋愛や行天のトラウマが本作では提示されましたからね。

楽しみにさせていただきます。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック