2014年04月30日

4月の一冊

今月は上下巻も含めて10冊。

いつもより少なかったです。

でも月10冊読ればと思っていますので上出来です。
 
・「文学賞メッタ斬り! ファイナル」大森望 豊崎由美
・「駅弁大会」京王百貨店駅弁チーム
・「B級ニュース図鑑」泉麻人
・「終りなき始まり(上・下)」梁石日
・「二人がここにいる不思議」レイ・ブラッドベリ
・「勘違いしそうに青い空」冨士本由紀
・「L文学完全読本」斎藤美奈子 編・著
・「にっぽん蔵々紀行」勝谷誠彦
・「きつねのはなし」森見登美彦

「文学賞メッタ斬り! ファイナル」、いつもながら面白かった。

これで最後というのは残念です。

「駅弁大会」、業界の裏話的な内容ですね。

こういうのは興味をそそられます。

「B級ニュース図鑑」、さぞかし笑わせてくれるかと期待して読んだのですが、意外とおとなしかった。

もっと馬鹿馬鹿しいほうがよかったです。

「終りなき始まり(上・下)」、作者の自伝的小説。

ヒロインのモデルは芥川賞作家の故・李良枝氏なんですね。

「二人がここにいる不思議」、いろんな味付けの作品が楽しめる短編集。

でも私にとっては翻訳小説臭がプンプンとしていまいちでした。

「勘違いしそうに青い空」、だらしない男の日常をドライに描いています。

目の前の境遇を受け入れていく主人公がいい。

「L文学完全読本」、JリーグやらJポップやら、そういうのにあやかろうとして造語されたのでしょうか。

見事にすべりましたね。

「にっぽん蔵々紀行」、日本酒の蔵元を巡った紀行です。

落ち目な日本酒ですが、まだまだ捨てたものではないですね。

「きつねのはなし」、シュールでちょっとホラーな短編集。

味わいのある内容でした。

今月はいつもより少ない冊数でしたが、そんな中で選ぶ一冊。

「勘違いしそうに青い空」ですかね。

女にだらしない男ではあるのですが、でも根は生真面目で憎めない。

いいキャラだと思います。

ということで今月の一冊はこれ。

Cimg2371

posted by たろちゃん at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック