2014年05月20日

「残るは食欲」阿川佐和子

Cimg2409

雑誌「クロワッサン」に連載された食エッセイです。

さすがにエッセイの名手だけあって軽妙洒脱な文章で食べ物を美味しそうに語られます。

でもぜんぜん気取ったところがないんですよね。

料理の失敗談なんかもたっぷりと紹介されていますし、カビの生えたパンなんかもカビの部分さえ取り除けばなんて食べたりしておられます。(笑)

そんな庶民感覚がいい。

しかしなんといっても秀逸なのはタイトルでしょう。

「残るは食欲」って。(笑)

結婚などという俗物的願望を捨て(?)、ひたすら食べることにのみ邁進するという悟りといいますか達観といいますか。

そのような決意と諦めと開き直りが込められた投げやり的でありながらアグレッシブなタイトル。

素晴らしいです、アガワさん。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック