2014年10月11日

「合本 大友克洋 2012年 再起動、そして。」

Cimg2481

漫画史を語る上で「大友以前、大友以降」という言葉があります。

それほどこの漫画家の登場は大きな影響を漫画界に与えました。

細く硬い線、白っぽい画面、乾いた空気、淡々とした物語構成など、当時ニューウェーブと呼ばれた人たちの中でも代表的な漫画家でした。

その後は「童夢」、「AKIRA」などで圧倒的な画力を披露。

緻密な描き込み、卓越したデッサン力、確実なパース、自在な構図。

手塚治虫が第一次の漫画革命だとしたら、第二次の革命は大友克洋でしょう。

一時期は漫画誌に“大友もどき”が溢れましたからね。(笑)

そして現在はアニメをメインにご活躍中。

そんな大友氏の近況をメインにしたのがこの本です。

新作アニメ「SHORT PEACE」の制作について、「大友克洋GENGA展」について、そして大友氏と並んで現在の漫画界においてトップレベルの絵師である井上雄彦氏との対談など。

付録で描きおろしの短編漫画やステッカーも付いており、なかなか満足な一冊となっています。

ところで小学館で始める時代物の連載開始はいつになるのでしょう。

話が出てからもう何年にもなると思いますが。(笑)

ちなみにその連載、少年サンデーなどという噂もありますが、さすがにそれはあり得ません。

この本でもビッグコミック編集者との打ち合わせシーンや担当編集者へのインタビューが収録されています。

ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック