2014年11月22日

「B級グルメ伝説」林巧

Cimg2502

いつの頃からか言われだしたB級グルメという言葉。

普通グルメというと美食とか高級店とかいうイメージがあるのですが、B級という言葉を添えることにより庶民的な料理や店をひとつのジャンルとして立ち上げることに成功しました。

この本ではそんないろんなB級グルメを取り上げています。

各地の店、そしてその店や料理のいきさつなど。

料理が生まれた由来については諸説ありますのでともかくとしまして、この本で紹介されている内容に対して「ん?」と思うこともありましたけど。

例えば回転寿司。

大阪の布施にある「元禄寿司」が元祖であるはずですが、この本では仙台の「元禄寿司」が元祖となっています。

仙台の「元禄寿司」は元祖ではなくフランチャイズとしての第1号店だったはずですが。

料理そのものの由来ははっきりしていない場合が多いですが、こういうのはきっちりとしておきませんとね。

それぞれのジャンルの店を取材し、B級グルメにスポットを当てた一冊です。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック