2014年11月28日

「にくいあんちくしょう 異端カリスマ列伝」本橋信宏

Cimg2508

異端と呼ばれるようないろんな人たちが世の中にはいるわけで。

とんでもない事件を起こしたりパフォーマンスをやらかしたり。

そんな人たちを取材したノンフィクションです。

登場する人物は17人。

まずこの著者といえばやはり村西とおるでしょう。

著者の人生ににいちばん大きな影響を与えた異端児ではないでしょうか。

そうなると黒木香も出てきます。

他にはテリー伊東や梶原一騎、北公次。

宅八郎、蛭子能収、田中康夫

まさしく異端ということでは杉本治夫、佐川一政でしょうか。

杉本氏は取り立ての追い込みや腎臓売買で財を成し、札束をばらまくパフォーマンスで有名でした。

レポーターのミッキー安川氏やフジテレビの須田アナが煽ってましたね。(笑)

私は豚のレバーをビーカーに入れて見せびらかすというのは知らなかったのですが。

佐川氏はパリ人肉食殺人事件の人です。

パリ留学中に恋人のオランダ人留学生を殺害し、その肉を食べたと。

これもずいぶんと話題になりました。

それにしても見事にいろんな異端の人を取り上げておられます。

章によっては枚数が少なく、ちょっと突っ込みが浅く物足りないのもありますが。

宅八郎なんてもっと欲しかったなぁ。

しかし著者ならではの立ち位置で書かれたいいノンフィクションだと思います。

posted by たろちゃん at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック