2014年11月30日

11月の一冊

今月は15冊読了です。
  
・「8月の果て(上・下)」柳美里
・「ねらわれた学園」眉村卓
・「交響曲第一番 闇の中の小さな光」佐村河内守
・「小僧の神様・城崎にて」志賀直哉
・「小説の読み書き」佐藤正午
・「江利子と絶対 本谷有希子文学大全集」本谷有希子
・「世界でいちばん“おいしい”仕事 「セコムの食」突撃バイヤーの美味開拓記」猪口ゆみ
・「クワイエットルームにようこそ」松尾スズキ
・「絶対泣かない」山本文緒
・「父・手塚治虫の素顔」手塚眞
・「B級グルメ伝説」林巧
・「知れば知るほど一段とウマくなる! 「関東の味」のしきたり「関西の味」のしきたり」話題の達人倶楽部 編
・「豚の報い」又吉栄喜
・「にくいあんちくしょう 異端カリスマ列伝」本橋信宏

「8月の果て(上・下)」、上下巻合わせて1000ページ以上の大作。

内容も柳美里しか書けないでしょう、これは。

「ねらわれた学園」、映画化もされたベストセラーのジュブナイル小説。

懐かしく読みました。

「交響曲第一番 闇の中の小さな光」、話題になった佐村河内氏の著書。

今から読み返しますとよくもまあといった内容です。

「小僧の神様・城崎にて」、小説の神様といわれる作家の短編集。

じんわりと染み入るものがありますが、もし今こういうのを書いても注目されないだろうなと。

「小説の読み書き」、こういう評論集は目新しくて楽しめました。

著者のキャラも立っています。

「江利子と絶対 本谷有希子文学大全集」、まとまりのない内容ではあります。

が、今後も読んでみたいですね。

「世界でいちばん“おいしい”仕事 「セコムの食」突撃バイヤーの美味開拓記」、女性食品バイヤーの奮闘記です。

著者の仕事に対しての喜びが溢れていました。

「クワイエットルームにようこそ」、それなりには面白いんですけど。

それだけで終ってしまっている印象でした。

「絶対泣かない」、さまざまな職業に就く主人公たちの物語。

外からはわからないいろんな職業の中のドラマです。

「父・手塚治虫の素顔」、手塚治虫について書かれた本はいろいろありますが、なにしろ息子という立場からのノンフィクションですからね。

貴重な写真や証言が詰まっています。

「B級グルメ伝説」、全国各地のB級グルメを紹介した一冊。

まあこれはこれで。

「知れば知るほど一段とウマくなる! 「関東の味」のしきたり「関西の味」のしきたり」、関東と関西の食の違いについての雑学本です。

楽しめました。

「豚の報い」、沖縄の風土、風習、人々の考え方。

それらを決して堅苦しく重くならずに読ませる作品ですね。

「にくいあんちくしょう 異端カリスマ列伝」、さまざまな異端の人を紹介したノンフィクション。

私はこういうの大好きです。

さて、今月の一冊ですが。

やはり柳美里渾身の「8月の果て(上・下)」ですね。

圧巻でした。

Cimg2494

Cimg2493

posted by たろちゃん at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック