2014年12月26日

「家族の勝手でしょ! 写真274枚で見る食卓の喜劇」岩村暢子

Cimg2520

いろんな家族の食卓を写真で紹介しています。

前もってアンケートに答えてもらい、その後数日間の食事の料理を写真に撮ってもらうという形式です。

その結果はといいますと、これはもう呆れる以外にありません。

取材を意識して初日に張り切って作ったものの数日後には手抜きなんてかわいいものです。

アンケートと実際の食事に矛盾のある人がほとんど。

私は食事には野菜を取り入れるように意識してますなどと答えておきながら、実際は野菜なんてほとんど食卓に出てこない。

言い訳がまた腹立たしい。

家族が喜ばない、手間がかかる、高い、10日に1回は食べているから大丈夫とか、もうまともな人間とは思えないコメント連発です。

しかも料理を手作りしているのならまだましなほうで、ひたすらインスタントやコンビニで済ませている主婦多数。

子供の昼食にうまい棒ってこの母親アホかと。

子供の行事に疲れたのでこの日は外食だとかファストフードだとか。

その疲れがまた何日も続いたりするんですね。

どれだけ疲れるようなことをやっとんねん。

んでママ友の集まりにはほいほい出掛けていき、旦那が500円以内に収めようとコンビニ弁当の昼食を食べているにもかかわらず、話題のレストランで散財。

どうしようもないバカ女どもです。

そして子供よりも自分が大事というような母親が多数いるんですね。

自分の時間が欲しいために子供の食事をコンビニや外食で済ませるとか。

信じられません。

書き出すときりがありませんが、読んでいてこれほどストレスになる本は初めてです。

といっても他人の家庭の食卓に腹を立ててもしょうがないのですが。

まさしく「家族の勝手でしょ!」ですしね。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック