2015年01月31日

1月の一冊

今月は15冊読むことができました。

ナイスですねぇ。
 
・「白昼の死角」高木彬光
・「銀座ナイルレストラン物語」水野仁輔
・「ケンカ道 その“究極の秘技”を探る」篠原勝之
・「夢を与える」綿矢りさ
・「BRUTUS 美味求真 食にこだわった男たち女たちと、その本。」
・「限界集落株式会社」黒野伸一
・「ヒゲのウヰスキー誕生す」川又一英
・「夏天の虹 みをつくし料理帖」高田郁
・「先崎学の浮いたり沈んだり」先崎学
・「伊豆の踊子」川端康成
・「いい街すし紀行」里見真三 写真・飯窪敏彦
・「夜を駆けるバージン」南綾子
・「ジョーカー・ゲーム」柳広司
・「決定版ガイド この文庫がすごい!」別冊宝島編集部編
・「肝臓にぐぐっと効く本」主婦の友社 編

「白昼の死角」、古くてボリュームのある作品。

途中で飽きないかなと思いましたが、とても面白く読めました。

「銀座ナイルレストラン物語」、日本で一番古いインド料理店。

やはりそれなりのエピソードがあるんですね。

「ケンカ道 その“究極の秘技”を探る」、うーん、それほど派手な話ではなかったですね。

ちょっと期待はずれかな。

「夢を与える」、思いのほかよかったです。

ただ最後のネットでどうこうというのは何年かすると古臭く感じてしまいそうです。

「BRUTUS 美味求真 食にこだわった男たち女たちと、その本。」、いろんな切り口で美食にこだわった人たちを紹介しています。

資料的な価値もあるのでは。

「限界集落株式会社」、話の展開はテンプレという感じがします。

でも読み応えありましたし感動できました。

「ヒゲのウヰスキー誕生す」、NHKのドラマで一躍有名になったマッサン。

でもこちらは創作なしのノンフィクションです。

「夏天の虹 みをつくし料理帖」、やはりいいですねぇ。

シリーズが進むごとに読ませる展開はさすがです。

「先崎学の浮いたり沈んだり」、現役棋士によるエッセイ。

さほど内容があるわけではありませんが。

「伊豆の踊子」、誰もが知る名作です。

今からすれば地味な話ではありますが、端正な文章はさすが。

「いい街すし紀行」、全国の寿司屋を紹介した一冊。

やはりカラー写真があるといいですね。

「夜を駆けるバージン」、ライトなエロ小説。

小説としての完成度はイマイチでしたが。

「ジョーカー・ゲーム」、期待したほどディープではありませんでした。

でも続編は読みたいです。

「決定版ガイド この文庫がすごい!」、まだまだ知らない本がいっぱいあるなと。

がんばって読書せねば。

「肝臓にぐぐっと効く本」、こういうのは栄養学や雑学の知識になります。

読み物としても楽しめますし。

今月はけっこう粒ぞろいな印象でした。

小説はどれもよかったです。

ちょっと迷いましたが、やはり「夏天の虹 みをつくし料理帖」が頭ひとつ抜けていましたかね。

今月はこれに決定。

Cimg2534

posted by たろちゃん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック