2015年06月19日

「世界屠畜紀行 THE WORLD'S SLAUGHTERHOUSE TOUR」内澤旬子

Cimg2612

牛や豚や羊などの肉を食べようと思えば当然それらの動物を殺さなければなりません。

目の前でそれを見せられるとたいがいの人は残酷だと目を背けるんじゃないでしょうか。

ですが普段は平気な顔をして肉を食べています。

焼肉屋やステーキ屋で肉を見せられ「美味しそう」とは思っても「かわいそう」などと思う人はいないでしょう。

人間ってそんな身勝手な矛盾を抱えているんですよね。

そして屠畜を職業としている人たちを差別的な目で見たり。

著者は他の国の屠畜事情はどうなのか、日本のように差別意識はあるのか、いろんな国を取材してまわります・・・・。

私がこの本を知ったのは「もの食う本」という食べ物にまつわる本について書かれた一冊です。

この本によりますと、単行本として出版されたのが2007年で版元は解放出版社。

読みたいなと思ったものの、手に入らないだろうなぁと。

ですが角川文庫から出ていたんですね。

ブックオフの100円コーナーでたまたま見つけて即ゲット。

読む前はけっこうヘビーな内容かなと思っていたのですが、いやいや。

著者のなんとあっけらかんとしたことか。

屠畜に対してまったく抵抗のない著者の視点と行動が実にいい。

イラストも著者の手によります。

肉を食べるからにはその動物の命を奪わなければなりませんし、それを生業としている人もいるわけです。

突如肉の切り身がどこからか沸いて出てくるわけではありません。

グルメだなんだの前にこういう当たり前のことをもう一度よく認識し、感謝の気持ちを持たなければなりませんね。

posted by たろちゃん at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 『う』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック