2015年06月29日

6月の一冊

今月の読書は14冊でした。

・「あまからカルテット」柚木麻子
・「食通に献げる本」山本容朗
・「ホルモー六景」万城目学
・「百魚百味」岩満重孝
・「お父ちゃんのゲゲゲな毎日」水木悦子
・「学園のパーシモン」井上荒野
・「暴力団」溝口敦
・「剣ヶ崎・白い罌粟」立原正秋
・「唇のあとに続くすべてのこと」永井するみ
・「世界屠畜紀行 THE WORLD'S SLAUGHTERHOUSE TOUR」内澤旬子
・「その女アレックス」ピエール・ルメートル
・「文士の魂・文士の生魑魅」車谷長吉
・「二度はゆけぬ町の地図」西村賢太
・「アジア怪食紀行 「発酵仮面」は今日も行く」小泉武夫

「あまからカルテット」、話に食べ物を絡ませた女性の友情や恋や仕事のストーリー。

素人探偵物といった趣もあります。

「食通に献げる本」、いろんな作家や文化人が書いた食エッセイのオムニバス。

この一冊で何人もの作品が読めてお得。(笑)

「ホルモー六景」、「鴨川ホルモー」の番外編。

まずは前作を読んでからどうぞ。

「百魚百味」、著者が日本全国を旅しての食エッセイ。

タイトルどおり魚に特化した内容です。

「お父ちゃんのゲゲゲな毎日」、漫画家水木しげる氏の日常を娘さんが書いておられます。

憎めないキャラですねぇ、水木氏。

「学園のパーシモン」、ちょっとオカルトとか都市伝説のようなものが入った暗い雰囲気の学園小説。

出来としては、う~ん、どうですかね。

「暴力団」、このジャンルでは第一人者ではないかと思われる著者による新書。

とてもわかりやすく解説されています。

「剣ヶ崎・白い罌粟」、短編集ですが私はやはり「白い罌粟」がよかった。

ちょっと他の作品とは雰囲気が違いましたが。

「唇のあとに続くすべてのこと」、主人公が過去に不倫していた上司が事故死。

だんだんと主人公に捜査の手が近付いてくるのですが・・・・上手く作者に捻られましたかね。

「世界屠畜紀行 THE WORLD'S SLAUGHTERHOUSE TOUR」、屠畜というあまり一般にはよく知られない世界のルポタージュ。

著者のスタンスがいい。

「その女アレックス」、誘拐監禁された被害者である女が実は・・・・という小説。

翻訳物にありがちな鬱陶しい言い回しもほとんどなく読みやすかったです。

「文士の魂・文士の生魑魅」、先日亡くなられた車谷長吉氏の書評集。

氏らしい書評だと思います。

「二度はゆけぬ町の地図」、私小説作家西村賢太の短編集。

でも氏の小説って私小説というよりもしっかりとエンターテイメントしていますよね。

「アジア怪食紀行 「発酵仮面」は今日も行く」、アジア各国を食べ歩き、もちろん内容はタイトルにあるとおり怪食です。

美食などという気取った所から対極におられるスタンスがいい。

では今月の一冊をば。

しかし決定的にこれというのがなかったですね。

う~ん、そのジャンルや内容の希少性ということにおいて「世界屠畜紀行 THE WORLD'S SLAUGHTERHOUSE TOUR」が収穫と言えましょうか。

今月の一冊はこの作品を選びます。

Cimg2612

posted by たろちゃん at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック