2015年07月27日

「サンドウィッチは銀座で」平松洋子 画・谷口ジロー

Cimg2632

フードジャーナリストでエッセイストの著者が各章のいろんなテーマにあわせて食べ歩いたグルメエッセイ。

各章のいろんなテーマというよりは、いろんなテーマで各章を作っておられるといったほうがいいですね。

そんな中で表題作にもなっている「サンドウィッチは銀座で」。

やはり銀座というだけあって、文壇バーで『みやざわ』という店のカツサンドを取り寄せてみたり。

深夜の『ロックフィッシュ』という店ではハイボールを飲みながら生ハムとカマンベールのサンドウィッチをつまんでみたり。

銀座というからにはそうなるのかもしれませんが、でもそんなの普通の人には縁遠いですよね。

なので肉屋さんが店先で揚げているというコロッケを使った『チョウシ屋』という店のコロッケサンドなどというのも紹介されています。

他には「いただきます、社員食堂」という章の社員食堂食べ比べというのも面白かったです。

猫も杓子もあの店この店の食べ歩きを写真付きで自慢している昨今、そんなのなんの目新しさもない。

ですが社員食堂の食べ歩きなんて面白いじゃないですか。

猫も杓子もできないからこそいい。

文藝春秋、女子栄養大学、横河電機、新潮社、ポーラ、共産党本部、琉球新報。

いやいやいや。

3ツ星の店がどうたらよりも私にはこちらのほうがよほど興味があります。

こういう所での食事をいろいろと経験したいなぁ。

話題の店の食べ歩きなんてもういいです。

「熊を食べにゆく」なんてのもそうですよね。

猟師を取材し、熊を食う。

なによりよかったのが「孤独のグルメ」でおなじみの谷口ジローの漫画。

イラストじゃなくて漫画です。

これでこの本は値打ちが数倍アップしましたね。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック