2015年07月31日

7月の一冊

今月は15冊読むことができました。

・「愛より速く」斎藤綾子
・「雁屋哲の美味しんぼ列島」雁屋哲
・「純粋なるもの トップ棋士、その戦いと素顔」島朗
・「蜩ノ記」葉室麟
・「彼の地図 四年遅れのティーンエイジ・ブルース」彩河杏
・「不思議の国の男子」羽田圭介
・「虹色天気雨」大島真寿美
・「続・にっぽん蔵々紀行」勝谷誠彦
・「地獄変」芥川龍之介
・「おすすめ文庫王国2014」本の雑誌編集部
・「朝倉恭介 <Cの福音・完結篇>」楡周平
・「「黄金のバンタム」を破った男」百田尚樹
・「離情」円地文子
・「サンドウィッチは銀座で」平松洋子
・「オレたちバブル入行組」池井戸潤

「愛より速く」、若い女性の奔放な性体験をあっけらかんと面白おかしく綴った内容。

でもそれがどうしたの、と思ってしまいます。

「雁屋哲の美味しんぼ列島」、日本全国の本物の食材の生産者を取材した一冊。

そのような生産者は貴重ですし、このようにもっとマスコミは取り上げるべきでしょう。

「純粋なるもの トップ棋士、その戦いと素顔」、将棋ファンには“島研”で知られた著者。

現在棋界のトップを走る棋士たちの素顔を取り上げておられます。

「蜩ノ記」、やはり時代小説はチャラチャラした人物や風俗が出てこないのがいいですね。

この作品の登場人物の清冽な生き様を見よ。

「彼の地図 四年遅れのティーンエイジ・ブルース」、コバルト全盛時の作品です。

が、さすがにいま読むと・・・・。

「不思議の国の男子」、この作者の作品を読むのは3冊目になります。

過去に読んだ2作はよかったですが、これはいただけませんでした。

「虹色天気雨」、女性にお勧めの一冊。

特に現在ろくでもない男と付き合っている貴女に。(笑)

「続・にっぽん蔵々紀行」、全国の日本酒の蔵を巡る旅の続編。

もう少し一軒一軒をじっくりと書いていただければよかった。

「地獄変」、代表作が集まった本書はさすがの読み応え。

芥川入門者にお勧めできます。

「おすすめ文庫王国2014」、いろんなジャンルの文庫本ベスト10を紹介しています。

本読みにはこういうのはガイドになって重宝するんですよね。

「朝倉恭介 <Cの福音・完結篇>」、シリーズ最終作なのですが。

最後に来てちょっと風呂敷の畳み方を誤った感があります。

「「黄金のバンタム」を破った男」、ファイティング原田をメインに据え、当時のボクシング事情を描いています。

現在に比べてよほど値打ちがあった原田のチャンピオンベルトです。

「離情」、アメリカに留学している女性の恋愛を描いた内容。

けっこうストレートでした。

「サンドウィッチは銀座で」、平松氏の著作は何冊も積んであり古いのから順番に読むつもりでいたのですが、先にこれをいっちゃいました。

やはり谷口ジローの漫画ですよねぇ。

「オレたちバブル入行組」、銀行を舞台にしたエンターテイメント。

ワクワクと堪能させていただきました。

では今月の一冊。

芥川龍之介の「地獄変」。

これはもう私ごときがわざわざ一冊に選ぶ必要はないでしょう。

別格です。

「蜩ノ記」がよかったですね。

さすがの直木賞受賞作です。

武士の凛とした生き様が心に染み入りました。

ですが今月最後に読んだ「オレたちバブル入行組」、これを7月の一冊に選びたいと思います。

小説を読む面白さというものを味わわせてくれるエンターテイメント性。

読み終えた後のお腹いっぱいになったような満足感。

納得の一冊です。

Cimg2635

posted by たろちゃん at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック