2015年08月24日

「陳家の秘伝」陳建一

Cimg2642

テレビでもお馴染みの料理人、陳建一。

料理の鉄人・・・・なんて言葉はもう古すぎますか。

でもこの番組で一躍脚光を浴び、一般の人にも知られるようになったのは確かだと思います。

父は日本に四川料理を紹介した陳建民

そんな料理人の著者が秘伝のレシピを伝えます・・・・。

って、そんな大げさな本ではありません。

著者の家庭に伝わるレシピですから、いわゆる家庭料理ですね。

まあ秘伝といえば秘伝かもしれませんが。

父親がこんな料理を作ってくれたとかのエピソードやレシピを紹介したり。

著者自身が普段どんな料理を作っているのかを紹介したり。

気取ってないのがいいんですよね。

インスタントラーメンはこうやって手を加えればもっと美味しくなるとか、市販のドレッシングを使ってこんな料理ができますよとか。

『サトウのごはん』でパラパラのチャーハンを作るとか。

著者の家のキッチンもごく普通の家庭用のガスコンロだそうで、だから普段は店とは違った家庭用の作り方になるわけで、そのあたりのコツも紹介しておられます。

この本はおそらく陳氏が自ら書いておられるわけではないと思いますが、氏の人柄や料理に対する思い、経営についての考えがしっかりと伝わってきます。

料理人のエッセイとしてもレシピ集としてもいい一冊だと思いました。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ち』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック