2015年08月26日

「まれに見るバカ女との闘い」別冊宝島編集部 編

Cimg2641

前作「まれに見るバカ女」が予想外に売れ、ベストセラーになったとのこと。

賛同する意見多数だったそうですが、もちろん抗議や反発も続出したとか。

そりゃそうでしょうねぇ、名指しでバカ女呼ばわりしているわけですから。(笑)

今回最初に登場するのはやはりといいますかなんといいますか、田嶋陽子であります。

真っ先に思い浮かべるのが彼女だという人は多いんじゃないでしょうか。

政治家では土井たか子、小池百合子など。

文化人や芸能人では山田詠美瀬戸内寂聴、飯島愛、藤原紀香、林真理子上野千鶴子、他。

真っ当な批判だなと思うのもあれば、ちょっと強引じゃないかと思うのもあります。

なんにせよ女性にも言い分はありましょう。

逆に他の出版社から「まれに見るバカ男」としてこの本の執筆陣をヤリ玉にあげる本を出しても面白いんじゃないですかね。

posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 『へ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック