2015年10月31日

10月の一冊

今月読んだのは以下の14冊。
 
・「大阪「駅名」の謎 日本のルーツが見えてくる」谷川彰英
・「編集長を出せ! 『噂の眞相』クレーム対応の舞台裏」岡留安則
・「食べ物連載 くいいじ」安野モヨコ
・「仮面の告白」三島由紀夫
・「そんな食べ方では もったいない!」山本益博
・「相続人の憂鬱」知念みづき
・「おさな妻」富島健夫
・「さらば、わが青春の『少年ジャンプ』」西村繁男
・「残月 みをつくし料理帖」高田郁
・「食の堕落を救え! スローフードの挑戦者たち」小泉武夫
・「総特集 いしいひさいち 仁義なきお笑い」
・「職業外伝 紅の巻」秋山真志
・「ロマネ・コンティの里から ぶどう酒の悦しみを求めて」戸塚真弓
・「職人で選ぶ 45歳からのレストラン」宮下裕史

「大阪「駅名」の謎 日本のルーツが見えてくる」、雑学本ですね。

なるほどそういうことかと楽しく読めました。

「編集長を出せ! 『噂の眞相』クレーム対応の舞台裏」、なにかと物議を醸した「噂の眞相」。

裏話がたっぷりと紹介されています。

「食べ物連載 くいいじ」、漫画家による食エッセイ。

小説家ではなく漫画家の食エッセイというのはちょっと珍しいかも。

「仮面の告白」、三島のデビュー作ともいえる作品。

当時としてはセンセーショナルだっただろうなと思わせる内容です。

「そんな食べ方では もったいない!」、食べるにも技術がいると。

それは職人仕事への理解ということにもなりましょう。

「相続人の憂鬱」、大企業の御曹司との恋愛物語。

ですがいろいろとエピソードを作り工夫されています。

「おさな妻」、17歳の女子高生が人妻になるという設定。

この作品がそういう類の話の走りになるんでしょうか。

「さらば、わが青春の『少年ジャンプ』」、一時期は発行部数653万部というギネス認定の記録まで作った漫画誌の舞台裏。

著者は元編集長です。

「残月 みをつくし料理帖」、野江や佐兵衛との再会などいよいよ話も大詰めになってきました。

相変わらずいいですね。

「食の堕落を救え! スローフードの挑戦者たち」、まがいものの食品が跋扈する昨今。

地道に本物の食品を作る生産者たちを紹介した一冊です。

「総特集 いしいひさいち 仁義なきお笑い」、4コママンガの巨匠いしいひさいちのデビュー40周年記念本。

盛りだくさんな内容で楽しめました。

「職業外伝 紅の巻」、絶滅寸前の昔ならではの職業に就く人たちを紹介した一冊。

残ってほしいとは思いつつこれも時代なんだなと。

「ロマネ・コンティの里から ぶどう酒の悦しみを求めて」、パリ在住の著者。

フランスでのワインの楽しみ方について語っておられます。

「職人で選ぶ 45歳からのレストラン」、大人の店を紹介したグルメ本。

オールカラーの写真がいい。

この中から今月の一冊ですが。

やはり「残月 みをつくし料理帖」高田郁がよかったですね。

このシリーズは読むたび毎回候補となります。

それほど出来のいい作品だと思います。

今月の一冊はこれで。

Cimg2672

posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック