2015年11月29日

11月の一冊

今月読んだのは以下の14冊です。
  
・「告白」町田康
・「赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。」赤塚不二夫
・「ニセモノ食品の正体と見分け方」中川基
・「残花繚乱」岡部えつ
・「戦う将棋指し」別冊宝島編集部 編
・「世界ぐるっとほろ酔い紀行」西川治
・「オモロイやつら」竹本浩三
・「二流小説家」デイヴィッド・ゴードン
・「フォーカスな人たち」井田真木子
・「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」野崎まど
・「エバーグリーン」豊島ミホ
・「食前食後」池田弥三郎
・「剣客商売 波紋」池波正太郎
・「はじめまして、本棚荘」紺野キリフキ

「告白」、実話をもとにした力作です。

この作者ならではのユーモアが効いており、ボリュームある枚数をするすると読ませます。

「赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。」、タイトルどおり対談集。

意外な人がゲストだったりします。

「ニセモノ食品の正体と見分け方」、偽者の食品が溢れている昨今。

このような本で知識を仕入れておく必要もあるのでは。

「残花繚乱」、エゴな女と男の狂い咲き。

まったくいやはやです。

「戦う将棋指し」、棋士のいろいろな裏話など。

やはり個性の強い人が多いようで。

「世界ぐるっとほろ酔い紀行」、世界中の酒を飲み歩いたルポタージュ。

地元の人とのコミュニケーションがいい。

「オモロイやつら」、取り上げている芸人に脈絡がないのが残念。

趣旨はいいのですが構成ミス。

「二流小説家」、アメリカや日本で高く評価された作品。

私はそれほどとは思いませんが、退屈することはなかったです。

「フォーカスな人たち」、写真週刊誌を賑わした人たちを取り上げています。

ただ顔ぶれがちょっと地味か。

「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」、いいですねぇ、このバカバカしさ。

文学的にはまったく評価されないでしょうけど。(笑)

「エバーグリーン」、この作者としてはけっこうストレートな青春小説ですね。

それがまた切なく清々しくてよかったです。

「食前食後」、40年以上前の食エッセイ。

当時の食文化がわかります。

「剣客商売 波紋」、シリーズもいよいよ13弾。

小兵衛の老いが気になりますが・・・・。

「はじめまして、本棚荘」、独自のシュールな世界を書く作者の3冊目の作品。

ですがちょっとレベルダウンか。

今月の一冊、候補は「告白」、「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」、「エバーグリーン」。

「告白」はさすがの町田康だとは思うのですが、やはり個人的に主人公に同情できないのが頭打ちです。

「独創短編シリーズ 野崎まど劇場」、たしかに面白い。

でも話を拡げっぱなしで尻すぼみな所が次点。

「エバーグリーン」は奇を衒わず真正面に青春を描いているところが好印象。

感動もありました。

今月の一冊は「エバーグリーン」豊島ミホということで。

Cimg2690

posted by たろちゃん at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック