2016年01月30日

1月の一冊

今月読んだのは以下の14冊です。

・「社説対決・五番勝負」諏訪哲二+森永卓郎+戸高一成+長山靖生+桜井裕子 ラクレ編集部 編 
・「ママ・グランデの葬儀」ガルシア・マルケス
・「かっこ悪くていいじゃない」森奈津子
・「やっぱりだらしな日記+だらしなマンション購入記」藤田香織
・「ついていったら、こうなった キャッチセールス潜入ルポ」多田文明
・「オレたち花のバブル組」池井戸潤
・「酒肴奇譚 語部譲児之酒肴譚」小泉武夫
・「思い出のとき修理します3 空からの時報」谷瑞恵
・「ダブル・ジョーカー」柳広司
・「時そば 料理人季蔵捕物控」和田はつ子
・「冷蔵庫で食品を腐らす日本人 日本の食文化激変の50年史」魚柄仁之助
・「終末のフール」伊坂幸太郎
・「あの道この道」吉屋信子
・「ドスコイ警備保障」室積光

「社説対決・五番勝負」、各新聞の社説を取り上げて比較しています。

政党でもそうですけど、結局は自分が納得する主張を支持するわけで・・・・。

「ママ・グランデの葬儀」、たぶん25年ぶりの再読。

しかしいまだ真髄に触れることはできず。(笑)

「かっこ悪くていいじゃない」、ほどよく読みやすかったという印象。

でもこの作者はコメディのほうがいいかも。

「やっぱりだらしな日記+だらしなマンション購入記」、女として終わっている著者。(笑)

しかしマンションまで購入するのですから立派なものです。

「ついていったら、こうなった キャッチセールス潜入ルポ」、予想通りの展開ではあります。

ですがしっかりとご自身が体験して具体的な内容をルポしているのがエライ。

「オレたち花のバブル組」、ご存知、半沢直樹のシリーズ第2弾です。

いまさらですが大変面白かったです。

「酒肴奇譚 語部譲児之酒肴譚」、発酵学の権威小泉武夫氏による古今東西の酒についてのエピソードの紹介。

しかしいつの時代も酒というのは人々を魅了してきたんですねぇ。

「思い出のとき修理します3 空からの時報」、シリーズ第3弾。

読んでいてレベルが低く退屈すぎて、さすがにもう愛想が尽きました。

「ダブル・ジョーカー」、戦時中のスパイたちの物語。

歯切れのいい文章、レトロな雰囲気、ストイックな美学がいい。

「時そば 料理人季蔵捕物控」、シリーズ第6弾です。

今回は落語に材を取るという変化がありました。

「冷蔵庫で食品を腐らす日本人 日本の食文化激変の50年史」、なんでみんなそんなに買い込んでそのあげく食糧を無駄にするのか。

必ずこのしっぺ返しがあると私は思っています。

「終末のフール」、これまでの伊坂作品のようなワクワク感はありません。

ですがじんわりと作者のカラーが出ていますね。

「あの道この道」、昭和初期の少女小説です。

ベタなんですけど現在のチャラチャラしたケータイ小説なんかよりはよほどいいかと。

「ドスコイ警備保障」、元相撲取りの警備会社という設定。

これだけで半分はいただきですよね。(笑)

さてさて今月もこの中から1冊を。

候補は「オレたち花のバブル組」、「ダブル・ジョーカー」です。

「オレたち花のバブル組」は前作でもじゅうぶんに読まされ、今回もまた。

池井戸潤作品は続々と入手しており、順番に読んでいきたいとよだれを垂らしています。(笑)

「ダブル・ジョーカー」もシビレましたね。

この世界観がいい。

ストイシズムといいますかダンディズムといいますか、スパイズム(笑)といいますか。

続編の「パラダイス・ロスト」もすでに購入済み。

これも実に楽しみ。

このどちらかということになりますが、やはりのめり込み度で「オレたち花のバブル組」ですね。

ほんと読んでいて楽しかったです。

今月の一冊は「オレたち花のバブル組」に決定。

Cimg2724

posted by たろちゃん at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック