2016年04月21日

「日本一江戸前鮨がわかる本」早川光

Cimg2770

寿司屋って怖いですよね。

まずいちばん何が怖いかといいますと、やはり値段でしょう。(笑)

値段がわからないのが怖い。

でも今はネットやガイドブックなどで前もって予算を知ることはできます。

電話で確認もできるでしょう。

わかっていても値段が高いというだけで怖い。

そしてマナーが怖い。

初心者丸出しで行けば馬鹿にされるのではないかと。

というわけで、私は高級な寿司屋には行きません。(行けません 涙)

お金もありませんしメシ食うのに気を使うのも馬鹿らしいですから。

ですが回転寿司などとは違って本格的な江戸前鮨の店にはやはりならではの魅力があります。

まず寿司そのものが回転寿司やスーパーのパックのものとは別物でしょう。

凛とした雰囲気の店でカウンターに座り、目の前で職人が握るのを目の当たりにしつつ食べる鮨。

さぞかしと思います。

そんな鮨屋の入門書が本書です。

基本編、応用編、基本のネタ、名店案内、江戸前鮨の歴史という内容。

寿司というといろんな人がいろんな通ぶったことを言います。

まずはあっさりしたネタから食べてじょじょに濃いネタへとか。

大きなお世話です。

いきなりトロを食べるとそのあとのネタの味がわからなくなるとか言う人がいるんですけど、私はそんなことないと思いますね。

そこまで人の味覚はヤワではないと私は思っているのですが、そのような人もいらっしゃるようで。

トロの脂ごときで他の味がわからなくなるのなら、他の料理を食べても同じことです。

話が逸れましたが、本書ではそのような注文の順番は無いといいます。

そしてまずはシャリの味を覚えようと。

これってラーメンでスープよりもまずは麺だなんてのに似ています。(笑)

で、シャリとネタの相性、握り方も覚えようと。

店でどのように振舞うのがいいかなんてのも。

江戸前鮨といえばやはり東京、特に銀座となりますか。

そのような場所の鮨屋に出かけるのならば一読しておいたほうがいいかもしれません。

私は100パーセント行くことがありませんが、いちおうこの本で勉強しておきます。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック