2016年04月29日

4月の一冊

今月読んだのは以下の14冊です。
 
・「オタク学入門」岡田斗司夫
・「牡丹酒 深川黄表紙掛取り帖(二)」山本一力
・「酒飲みの医学」田多井吉之介
・「無花果日誌」若合春侑
・「小泉式 食べ飲み養生訓108」小泉武夫
・「竹熊漫談 マンガ原稿料はなぜ安いのか?」竹熊健太郎
・「64(ロクヨン)上・下」横山秀夫
・「さいごの色街 飛田」井上理津子
・「2001年宇宙の旅」アーサー・C・クラーク
・「実践 料理のへそ!」小林カツ代
・「日本一江戸前鮨がわかる本」早川光
・「テッカ場」北尾トロ
・「レストレス・ドリーム」笙野頼子
・「きつねうどん口伝」【松葉屋主人】宇佐美辰一 【聞き書き】三好広一郎 三好つや子

「オタク学入門」、昔のマンガやアニメ、映画に興味のあった人なら楽しめる一冊。

そうでなければちんぷんかんぷん?

「牡丹酒 深川黄表紙掛取り帖(二)」、さすがに読ませる作品でしたが、話のまとめがどうも。

最後がちょっと肩透かしな印象でした。

「酒飲みの医学」、酒飲みとしてはやはり目を通しておきたい一冊ですね。

といっても45年前の出版ですが。

「無花果日誌」、デビュー作と違って初々しい(?)青春小説。

なるほどこんなのも書かれるのかと。

「小泉式 食べ飲み養生訓108」、食にまつわる格言やことわざを紹介しつつ、著者の経験や知識による解説があります。

気さくに楽しめました。

「竹熊漫談 マンガ原稿料はなぜ安いのか?」、マンガ界の裏話をいろいろと。

業界に興味ある人はぜひ。

「64(ロクヨン)上・下」、読み応えありの力作でした。

ですが最後に消化不良感がありましたね。

「さいごの色街 飛田」、なかなか外からではわからない世界をがんばって取材されたと思います。

それでもまだ物足りない気がしたのですが。

「2001年宇宙の旅」、SFの名作ですね。

でも小説よりも映画が評価されているのかな。

「実践 料理のへそ!」、家庭で料理するときのちょっとしたコツを紹介しておられます。

いつでも手に取れる所に置いておくと便利かも。

「日本一江戸前鮨がわかる本」、寿司といってもピンキリですが、ここで紹介されているのはピンのほう。

キリのほうにはこのような本は必要ありませんものね。(笑)

「テッカ場」、オークションなどで熱くなる人たちを観察するというような内容です。

もうちょっとバラエティがあればと思いました。

「レストレス・ドリーム」、いつもながらシュールで難解な笙野作品。

でもこんな小説を書く人はそうそういませんので貴重です。

「きつねうどん口伝」、きつねうどん元祖の店のご主人が手の内を披露。

うどんを愛する気持ちと、だからといって誰にでもまねできるものではないという自信でしょうか。

では今月の一冊。

候補は「牡丹酒 深川黄表紙掛取り帖(二)」と「64(ロクヨン)上・下」です。

どちらも最後がちょっと腑に落ちなかった感想が共通しています。

ですが両方ともさすがの読み応えで、やはり力の入り具合で上回る「64(ロクヨン)上・下」でしょうか。

4月の一冊はこれで。

Cimg2759

Cimg2758

posted by たろちゃん at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック