2016年05月15日

「ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く」勝見洋一

Cimg2775

タイトルの通り「まぼろしの味」をテーマに書かれた食エッセイです。

「この世から完全に絶滅してしまったもの」、「作り方がわからなくなってしまったもの」が「まぼろしの味」の度合いとしては最高位でしょうが、以前とは味が変わってしまったものを「まぼろしの味」というのならばゴマンとあると。

青臭かった昔のトマト、曲がって形は不揃いでも味の濃いキュウリなど。

とまあ、やはりそこにはノスタルジーが入り込みますね。

子供時代の給食とか。

脱脂粉乳、鯨の竜田揚げ・・・・。

さてタイトルにある「ラーメン屋」とはどういうことなのか。

これもやはり昔のラーメンと比較して昨今(この本の出版は2009年)のラーメンに苦言を呈しておられます。

ガイドブックが薦める店を周ってみたものの、そのひどさに嘆いておられるんですね。

『赤坂の裏手にある博多で有名な東京出店』の店とか、『TVチャンピオンラーメン職人王選手権優勝者』の店とか、『日暮里の豚骨と宗太節、サバ節、煮干の魚介系スープ』の店とか。

どうやら昔の東京ラーメンの味は「まぼろしの味」となってしまったようです。

著者の勝見洋一氏はグルメとして知られる人で、フランスにおいてミシュランの審査員をしたこともあるそうで、NHK「男の食彩」のキャスターもしておられました。

中国料理にも造詣が深く、「中国料理の迷宮」でサントリー学芸賞も受賞しておられます。

その他、料理についての著書多数。

世界中でいろんなものを食べてきた著者からすれば、店主をカリスマ視するような傾向も含め昨今のラーメンブームは嘆かわしいことなのでしょう。

「まぼろしの味」イコール「昔ながらの本物の味」とも言えるわけで、そういう意味では現在のジャンクな味がはびこる世の中ますます「まぼろしの味」というのは増えていきそうです。

この本ではそのようなB級グルメだけではなく、日本各地、中国、フランス、イタリアなどの料理についても言及しておられます。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック