2016年06月22日

「パイナップルの丸かじり」東海林さだお

Cimg2804

パイナップルは奇怪な形をしていると著者は書きます。

なるほど、果物としてあのデコボコイガイガはちょっと他にないですね。

みかん、りんご、バナナ、西瓜・・・・。

みんな表面はつるりとしています。

人間でいえばくどい顔だと。(笑)

パイナップルをどのように切るかということが書かれているわけですが、しかし西瓜もそうですけどあまり丸ごとで買う人は少ないような。

たいがいカットされたものか缶詰じゃないですかね。

他にはジンギスカンブームが取り上げられています。

ありましたねぇ、そのようなのが。

いっときあちこちに店ができましたけども、いまやほとんどがなくなっています。

美味しいんですけどね。

なぜか定着しませんでした。

その他「冬のソナタ弁当」だの「1000円バーガー」だの「百円均一居酒屋」だの。

著者のバイタリティは相変わらず健在です。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック