2016年11月09日

「手塚治虫はどこにいる」夏目房之介

CIMG2968.JPG
これまでマンガ批評のほとんどはストーリー上のテーマを分析することで成り立たせようとしてきたといいます。
しかし著者は〈描線〉と〈コマ〉を徹底的に考え、マンガ表現の仕組みを解こうと考えました。
その考えが基になって築いたスタイルが著者独特の模写を取り入れた批評です。
劇画やアニメとの関わりの中、手塚の線や絵の見せ方、表現方法はどのように変わっていったのか。
著者はその時代時代の手塚や他のマンガ家の絵を取り上げ、模写しつつ分析していきます・・・・。
手塚治虫といえばマンガの神様とまでいわれずっと第一線を走り続けたと思われがちですが、決してそんなことはありません。
悪書追放運動で本を焼かれたりしました。
もう手塚は終わりだといわれたこともあります。
劇画の登場で自身の絵を変えざるを得なくなりました。
かなりの焦りと苦悩があったと思われます。
あまりの忙しさに線が乱れ、アニメの影響で線から手塚らしさがなくなったと著者は指摘します。
絵柄の変化というのは気が付きますけども、線そのものの違いというのはなかなかわかりません。
そういう細かな変化が絵柄の違いに現れてくるのでしょうけど。
やはり力の入れ具合抜き具合など、模写してわかる部分があるんでしょうね。
「ジャングル大帝」など何度も描き直しされているのですが、これはつねに今の読者を意識してのことだったようです。
それほど現在の自分の地位に危機感というか焦りを持っていたんですね。
読者に飽きられ忘れ去られないようにと。
天才だ神様だといわれつつも、つねに意識して時代に合わせて絵を変化させてきたのがこのマンガ家のす
ごいところです。
初期の作品からじっくりと読みたい気分になりました。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック