2016年12月19日

「別冊宝島165 もっと食わせろ! 日本が世界を食いつくす! 胃袋ビジネスの裏のウラ」

CIMG2990.JPG
今の日本はほんと飽食という気がします。
まさしく食べ物が溢れかえっていますもんね。
スーパーマーケットに行けばいつもびっしり食料が並んでいますし。
飲食店も日本ほど世界各国の料理が味わえる国はないでしょう。
その割には食料の自給率がカロリーベースで40%を切るという、他国に比べて異様に低い数字です。
にもかかわらず、スーパーやコンビニ、飲食店、家庭で毎日どれだけの食料が廃棄されているのか。
考えると恐ろしくなります。
今にきっとバチが当たりますね。
さて、この本ではそんな飽食日本の食ビジネスついての内情が書かれています。
といっても92年発行の本なので、もう今から20年以上も前の内容ですが。
バブルがはじけた直後あたりですか。
イタメシブームでティラミスが大流行しました。
そのあとはタイ料理が来ていると書かれています。
タイスキとかありましたね。
現在を見ればイタリアンは定着した感がありますけども、タイ料理はどうでしょう。
さほど一般的ではないですね。
飲食店だけでなく、料理人、企業、給食、いろんなジャンルが取材されており、読んでいますといやまあ人間の食に対する執念は凄まじいなと。
でも、もういいじゃないですか。
毎日3食べられて必要最低限の栄養が摂れればそれで。
グルメだ何だの浮かれる前に足元をしっかりと見直しませんと。
そんな気分になりました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『へ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック