2016年12月31日

12月の一冊

今月の読書は16冊でした。

・「食をめぐる旅」銀色夏生
・「ツインズ twins 続・世界の終わりという名の雑貨店」嶽本野ばら
・「ザ・ベストテン」山田修爾
・「天然ブスと人工美人 どちらを選びますか?」山中登志子
・「私の大好物」週刊文春 編
・「町でいちばんの美女」チャールズ・ブコウスキー
・「彼女のしあわせ」朝比奈あすか
・「ダック・コール」稲見一良
・「二枚目 並木拍子郎種取帳」松井今朝子
・「別冊宝島165 もっと食わせろ! 日本が世界を食いつくす! 胃袋ビジネスの裏のウラ」
・「読書狂の冒険は終わらない!」三上延 倉田英之
・「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦
・「無憂華夫人」菊池寛
・「誰が「本」を殺すのか(上・下)」佐野眞一
・「マスタードをお取りねがえますか。」西川治

「食をめぐる旅」、編集者と作家がいろんな店を食べ歩くという企画。
食について真剣に検証するわけでなし、会社の経費で食べ歩くただのお気楽なグルメごっこでした。
「ツインズ twins 続・世界の終わりという名の雑貨店」、純愛といえばそうなんでしょうけど。
でもこのふたり、一生あんな調子で暮らしていくんでしょうか。(笑)
「ザ・ベストテン」、あの頃は歌にも歌手にも個性があったなと懐かしく読みました。
でもそう思うのは今の歌についていけなくなったからですかね。
「天然ブスと人工美人 どちらを選びますか?」、見た目だけで選ぶのならそりゃ当然人工美人でしょ。
やはり美人は得をします。
「私の大好物」、著名人の好きな食べ物をカラー写真で紹介。
眺めているだけで美味しい気分になれます。
「町でいちばんの美女」、この作品集を読むと結局小説なんてなにを書いてもいいのだなと思えます。
もちろん技術的なことはいろいろとあるでしょうけど。
「彼女のしあわせ」、なにをもって幸せというのか、どのあたりで満足するべきなのか。
贅沢を求めず、不幸でなければそれでいいのではと思ってみたり。
「ダック・コール」、ぱっと見怖そうな大人がちらっと子供のような所を見せるような。
そんな雰囲気の小説集ですね。
「二枚目 並木拍子郎種取帳」、ちょっとミステリーな雰囲気のある連作短編集。
今回は五瓶の意外な面がちらっと。
「別冊宝島165 もっと食わせろ! 日本が世界を食いつくす! 胃袋ビジネスの裏のウラ」、どんどんと食料自給率を下げていき、その割にはああだこうだと食にこだわる国、日本。
生産性なく快楽だけは享受するチャラい若造のような国になってしまいましたね。
「読書狂の冒険は終わらない!」、本が読まれなくなったといわれる昨今。
でも好きな人はとことん好きなんです。
「夜は短し歩けよ乙女」、黒髪の乙女を追いかけるちょっとマヌケっぽい私。
京都を舞台にしたシュールで風情ある恋愛ファンタジーです。
「無憂華夫人」、昼下がりのドラマになりそうな内容の菊池作品。
以前に読んだ「真珠夫人」にしても「貞操問答」にしても。
「誰が「本」を殺すのか(上・下)」、皆が本を読まなくなり、作る側も志がなく、売るほうもご都合主義で。
そりゃ衰退していきますわな。
「マスタードをお取りねがえますか。」、各国のいろんな街角で食べる地元の料理。
高級店よりもやはりこういうのがいいですね。

では今月の一冊をば。
どれもまずまずの印象でした。
候補としましては「彼女のしあわせ」、「ダック・コール」、「夜は短し歩けよ乙女」ですか。
「夜は短し歩けよ乙女」が無邪気に罪なく楽しめましたかね。
今月の一冊はこれで。

CIMG2988.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック