2017年01月30日

1月の一冊

今月の読書は下記の14冊でした。

・「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代」阿古真理
・「イトウの恋」中島京子
・「人気アニメ・マンガのあり得ないミス200」鉄人社
・「人生解毒波止場」根本敬
・「こたつ」原宏一
・「給食のおにいさん」遠藤彩見
・「鮨屋の人間力」中澤圭二
・「剣客商売 二十番斬り」池波正太郎
・「ロブション自伝」ジョエル・ロブション
・「二匹」鹿島田真希
・「六人いた!写楽 歌麿と蔦屋がプロデュースした浮世絵軍団」橋本直樹
・「沿線風景」原武史
・「化学探偵Mr.キュリー2」喜多喜久
・「フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人」速水健朗

「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代」、現在大人気な料理研究家という職業。
その時代にどのような料理研究家が登場したのかの変遷です。
「イトウの恋」、通訳者イトウとイギリス人女性探検家の恋を、現在に日記をはさんで描いています。
イトウの心情がよかった。
「人気アニメ・マンガのあり得ないミス200」、アニメやマンガの細かなミスを取り上げています。
笑えますけど作者にしたら冷や汗もので。
「人生解毒波止場」、著者が出会ったヘンな人たちのルポタージュです。
世の中いろんな強い個性を持った人たちがいるもんです。
「こたつ」、茶道や華道ならぬ“こたつ道”。
今回も奇想天外な設定で楽しませてくれました。
「給食のおにいさん」、腕に自信のある調理師が小学校の給食のおにいさんに。
そういえば最近同じような設定のテレビドラマがありましたね。
「鮨屋の人間力」、鮨屋を経営しておられる職人がこれまでの経験や考えを語っておられます。
必要なのは人間力だと。
「剣客商売 二十番斬り」、いよいよシリーズ15作目。
残すところ本編は1作となってしまいました。
「ロブション自伝」、世紀の天才料理人ジョエル・ロブション。
その経歴、料理について、経営について語っておられます。
「二匹」、狂犬病にかかった二人の高校生。
閉塞的な世界を描いたマンガ的な青春小説です。
「六人いた!写楽 歌麿と蔦屋がプロデュースした浮世絵軍団」、謎の浮世絵師東洲斎写楽は実は六人いた!?
まあ、これはこれで・・・・。(笑)
「沿線風景」、近郊を旅しつつ、その土地の歴史や風景に触れ、ちなんだ著書について語る。
ほのぼのとした旅と書評のエッセイです。
「化学探偵Mr.キュリー2」、シリーズ2作目。
軽いノリで読めるライトミステリーです。
「フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人」、食の志向にも人それぞれいろいろあるわけで。
それがどのように政治思想にも影響するのか。

今月はどれもそこそこといったところ。
飛びぬけて印象的な本はありませんでしたが、しかし「イトウの恋」はなかなか読まされましたね。
前作でも同じような手法だったので、もうこの手は使えませんが。(笑)
今月の一冊はこれでいきましょう。
CIMG2982.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック