2017年03月31日

3月の一冊

今月は15冊読みました。

・「ぼくはマンガ家」手塚治虫
・「枝元なほみの料理がピッとうまくなる」枝元なほみ
・「三屋清左衛門残日録」藤沢周平
・「書斎 創造空間の設計」現代新書編集部=編
・「トッカンvs勤労商工会」高殿円
・「突撃! はしご呑み」ラズウェル細木
・「ヨーロッパ退屈日記」伊丹十三
・「食客旅行」玉村豊男
・「春の道標」黒井千次
・「戦場でメシを食う」佐藤和孝
・「つかこうへいインタビュー 現代文学の無視できない10人」つかこうへい
・「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)」大崎梢
・「サービスの達人たち 日本一の秘書」野地秩嘉
・「小銭をかぞえる」西村賢太
・「大衆食堂パラダイス」遠藤哲夫

「ぼくはマンガ家」、手塚治虫の自伝です。
ただ初出が昭和44年ですからね。
晩年については書かれていません。
「三屋清左衛門残日録」、隠居後の武士を描いた作品。
やはり世間からはなかなか離れられないようで。
「書斎 創造空間の設計」、書斎、ああ本好きにとってはなんと魅力的な響きでしょうか。
そういう場所で1日中過ごしたいという本好きは多いはず。
「トッカンvs勤労商工会」、税務署の徴収官の仕事が実にしっかりと描かれています。
それを面白くエンターテイメントに仕上げていますね。
感心。
「ヨーロッパ退屈日記」、洒脱なエッセイですね。
内容に統一感はありませんが、それがまた雑学的で。
「春の道標」、戦後の高校生の青春物語。
いつの時代も恋愛は変わらないなと。
「戦場でメシを食う」、人間どのような状況であっても食べていかなければなりません。
生物として当たり前ではありますが、浅ましさも感じてしまいます。
「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)」、若い女性の素人探偵コンビに幽霊騒動。
無邪気な小説です。
「小銭をかぞえる」、いつもながらのダメ男ぶりを発揮する西村小説の主人公。
男の私からしても最悪だと思いますが、女性の意見はいかに。

さてさて、今月の一冊。
これといって突出したものはなかったですね。
味わい深かったのは「三屋清左衛門残日録」。
エンターテイメントとして楽しめたのは「トッカンvs勤労商工会」。
どちらも決め手には欠けますが、今月はシブく時代小説でいきましょうか。
「三屋清左衛門残日録」で。
CIMG3008.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック