2017年04月30日

4月の一冊

今月の読書は14冊でした。

・「絶対味覚」川越達也
・「南極1号伝説 ダッチワイフの戦後史」高月靖
・「漂砂のうたう」木内昇
・「面白い本」成毛眞
・「奇跡のレストラン アル・ケッチァーノ 食と農の都・庄内パラディーゾ」一志治夫
・「山椒大夫・高瀬舟」森鴎外
・「ルンルンを買っておうちに帰ろう」林真理子
・「海の底」有川浩
・「亡食の時代」産経新聞「食」取材班
・「食と日本人の知恵」小泉武夫
・「天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語」中村弦
・「荒木飛呂彦の漫画術」荒木飛呂彦
・「ホテルローヤル」桜木柴乃
・「神様のいない日本シリーズ」田中慎弥

「絶対味覚」、まあおっしゃってることはわかるんですけどね。
でもわざわざ「絶対味覚」なんてタイトルで本を出すほどのことでもないかと。
「南極1号伝説 ダッチワイフの戦後史」、エロ業界のバイタリティってすごいですよね。
最近のダッチワイフのリアルなことといったら。
「漂砂のうたう」、 明治維新で価値を失ない、遊郭の客引きとなった元武士の生きざまです。
落ちぶれた先の世界にはその世界なりの人生があります。
「面白い本」、ノンフィクションの書評本。
こういう手引書があるとありがたいものです。
「奇跡のレストラン アル・ケッチァーノ 食と農の都・庄内パラディーゾ」、庄内で地元の食材を生かした料理を作り出す料理人の物語。
華やかなだけの浮ついた料理ではなく、こういう地に足の着いた料理こそが伝えられていくべきです。
「山椒大夫・高瀬舟」、どちらもつらい話です。
ですがその中にも性善説を思わせる救いがあります。
「ルンルンを買っておうちに帰ろう」、林真理子のデビューエッセイ。
この頃からすでにスタイルは確立されていますね。
「海の底」、パニックSF小説ですね。
じゅうぶんに読み応えのある佳作でした。
「亡食の時代」、戦中戦後の食べ物の無い時代はなんだったのか。
豊かなのは結構なことですが、現在の食事情はあまりにも罰当たりなんじゃないでしょうか。
「食と日本人の知恵」、日本人の知恵というのはほんとに素晴らしいですね。
しかし食の洋風化など、その素晴らしさが失われつつあります。
「天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語」、主人公が施主の思いを汲みとってちょっと変わった家を建てるファンタジーな小説。
いまいちインパクトがない気がしましたが。
「荒木飛呂彦の漫画術」、人気漫画家が明かす創作の秘密。
漫画家志望の人たちには大い参考になることでしょう。
「ホテルローヤル」、廃業したラブホテルとそれにまつわる人たちを描いた短編集。
ちょっと暗くてやりきれない気分になりますが。
「神様のいない日本シリーズ」、主人公が自分の息子にひたすら語って聞かせる自身の半生。
父と息子の物語です。

ということで今月の一冊。
けっこうどれも楽しく読め、そして味わい深いものもありました。
ですが今月はもう迷わずこれです。
「海の底」。
文句なしに今月の一冊に推します。
CIMG3051.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック