2017年05月28日

「女子をこじらせて」雨宮まみ

CIMG3056.JPG
「女子をこじらせ」てしまい、気が付けばAVライターになっていた著者。
はて、女子をこじらせてしまうというのはどういうことなのか。
こじらせてしまったという著者はこれまでにどのような人生を過ごしてきたのか・・・・。
「こじらせ女子」という言葉は流行語大賞にもノミネートされたそうですね。
そういうのに疎い私はまったく知りませんでしたが。
見た目決してかわいくない、なので男に縁がない、でも性欲はしっかりとあるので頭の中はエロい妄想だらけ。
青春を満喫している人たちを羨ましく思うものの、自分はそのようにはなれない。
自分なんて所詮・・・・というコンプレックスの塊です。
う~ん、それを女として「こじらせてしまった」と表現しておられるわけですが、そういう人は多いんじゃないですかねぇ。
すべてとは言えません。
異性にモテて楽しんでいる人も実際にいるわけですし。
でも私もそうですけど決して異性に縁があったわけでなく、妄想な日々を過ごしてました。
(現在もですが 笑)
周りの人を見てもそんなにウハウハしてませんでした。
そしてモテるモテないだけでなく、自分の存在感や価値観というものもやはり意識します。
自分は世間に対していったい何ができるのだろう、どの程度の存在でどれだけの価値があるのだろう。
実は何ほどの者でもないんですよね。
私は著者の境遇や経験というのは別に特殊なものではないと思います。
むしろ普通じゃないでしょうか。
同じような人は男女を問わずいっぱいいると思います。
それを赤裸々に語り、「女子をこじらせて」という言葉にもっていったのが著者のセンス。
(編集者がつけたのかもしれませんが)
本人にとってはすごくシビアな問題であるはずですが、コミカルな印象のタイトルと文章で成功していると思います。
この本を発表後もいろいろとご活躍されていましたが、40歳の若さで逝去。
何もそんなに生き急がなくとも。
とことん自分を突き詰めておられたんでしょうか・・・・。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック