2017年05月30日

5月の一冊

今月の読書は14冊でした。

・「「食べる」都市伝説」成ルほど研究所 著
・「白いへび眠る島」三浦しをん
・「本が多すぎる」酒井順子
・「実録・外道の条件」町田康
・「割り箸はもったいない? 食卓からみた森林問題」田中淳夫
・「もっとトマトで美食同源!」タカコ・半沢・メロジー
・「おとぎ菓子 料理人季蔵捕物控」和田はつ子
・「エロ街道をゆく 横丁の性科学」松沢呉一
・「カップルズ」佐藤正午
・「味覚を磨く」服部幸應 三國清三
・「食べる。」中村安希
・「女の橋」芝木好子
・「実録 ケンカの鉄人 知られざる喧嘩師列伝」フルコンタクトKARATE別冊 格闘王2
・「女子をこじらせて」雨宮まみ

「「食べる」都市伝説」、どんなジャンルでもそうですが、裏話や都市伝説といったものがあります。
これは食べることについてそういうことを特集した一冊です。
「白いへび眠る島」、う~ん、この作品って作者の中ではどうなんでしょうね。
私は失敗作だと判断しましたが。
「本が多すぎる」、そう、世の中本が多すぎます。
読みたい本が多すぎて追いつかず、気が狂いそうになります。(笑)
「実録・外道の条件」、世の中非常識な人間が多いですよね。
そういう人物を書かせるとさすがの町田康です。
「割り箸はもったいない? 食卓からみた森林問題」、もったいないからと割り箸を使わないのは個人の自由としてけっこう。
ですけど自分はエコな活動をしているんだという自己満足は押し付けないでいただきたいものです。
「もっとトマトで美食同源!」、私はトマト大好きです。
美容については意識しませんが、健康については積極的に食べたいものだと思います。
「おとぎ菓子 料理人季蔵捕物控」、相変わらずです。
読めばわかります。
「エロ街道をゆく 横丁の性科学」、著者が体を張ってエロを検証した一冊。
私は立派だと思いますね。
「カップルズ」、さりげないんですけどドラマなんですよね。
やはりいい味出してます、佐藤正午。
「味覚を磨く」、インスタント、ファストフード、スナック菓子に清涼飲料水。
たまにはいいですけど、そんなのよりもごくごく普通の昔ながらの食事に目覚めるべきだと思います。
「食べる。」、世界各国にはいろんな料理があります。
それを食べてその国や民族を知るべし。
「女の橋」、今となっては舞台にできない世界ですね。
時代もありますし、作者や読者の興味、教養、それらがもう今の時代にそぐわないのではないかと。
「実録 ケンカの鉄人 知られざる喧嘩師列伝」、こういうケンカや格闘技系統は好きな私です。(笑)
あくまで書物で読む分には、ですが。
「女子をこじらせて」、女性としてのコンプレックスを赤裸々に綴った自伝です。
まったく卑下する必要のない過去だと思いますが、やはり本人にとっては大問題なんですよね。

では今月の一冊の選定をば。
「実録・外道の条件」、やはり町田康は面白いなぁ。
ぜひ他の作品も読みたいと思わせる麻薬性のある作家さんです。
「カップルズ」、佐藤正午の作品。
やはりいいです、この作家は。
デビュー作からずっと読んできてまた再読しているわけですが、うん、私の中では生涯追いかけたい作家さんですね。
「女の橋」、やっぱり私はこういう世界観が好きなんですよねぇ。
主人公は芸妓なのでもちろん料亭やお茶屋といった場所が出てきますし、それにともなって着物や芸事が絡んできますし、陶芸などの美術も描かれます。
そういう世界がたまらなくいい。(笑)
これら3作が今月の候補なわけですが、いやもうやはり芝木さんでしょう。
「女の橋」芝木好子、今月はこれです。
CIMG3058.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック