2017年06月19日

「オーシャントラウトと塩昆布」和久田哲也

CIMG3080.JPG

最近はいろんな料理人や料理研究家が毎日のようにテレビや雑誌に登場し、芸能人並みに顔を知られるようになった人も多数いらっしゃいます。
そういう意味ではこの本の著者である和久田哲也氏は、一般的にはさほど知られていないかもしれません。
ですが、アラン・デュカス、フェラン・アドリアと並んで世界3大シェフに選ばれたこともあるほどの料理人です。
1987年シドニーに「TETSUYA’S」を開店し、たちまち予約の取れないレストランに。
オーストラリアの素材に和のエッセンスを取り入れた料理で世界の食通たちを唸らせてきました。
そんな料理人が自身の経歴について、料理について存分に語っておられます・・・・。
調理師学校にも行かず、あちこちの有名店を渡り歩いて修業したわけでもなく、ほぼ独学で勉強されたというのがすごい。
著者の持って生まれた料理のセンスはもちろんでしょうが、オーストラリアという土地柄や時代も大きく味方したと思われます。
さてタイトルの「オーシャントラウトと塩昆布」ですが、なんのこっちゃと思われる人もいるでしょう。
これは著者のスペシャリテである「オーシャントラウトのコンフィ」のことです。
コンフィしたオーシャントラウトの切り身の上に細かく刻んだ塩昆布をまぶしてある料理です。
でもこの塩昆布、いったいどのような商品を使っているのかが私は気になるのですが。
店で年間数百キロの単位で使うそうなのですが、そうなるともちろん大量生産の市販品ですよね。
あの商品の旨味というのはほぼ化学調味料のおかげだと思うのですが、もしかしてそんなのを使っておられるんでしょうか。
私は別に化調に対して神経質になる者ではありませんし、大衆店ならそりゃ使うだろうなと容認しています。
しかしさすがにこのクラスのレストランでそういうのを使っているのだとしたら、ちょっとそれは違うんじゃないんかと思うんですけどね。
もちろんそのような一般的なものを使っているのではないと思いたいですが。
それはそれとしまして、著者の料理や経営に対してのはっきりとした考えを知ることができるいい一冊でした。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック