2017年06月23日

「活字博物誌」椎名誠

CIMG3078.JPG

「活字のサーカス -面白本大追跡-」に続いてのシリーズ(?)第2弾です。
内容としましてはやはり前作と同じくいろいろな本を紹介しているのですが、必ずしもその本を直接批評しているわけではありません。
自分の周りの出来事を語りその流れで本が出てきたり、逆に本があってそこからどんどん話が流れていったり。
なので書評集というよりは本にまつわるエッセイといったほうがいいかもしれません。
でも小難しい言葉で内容についてあーだこーだ書かれるよりも、このような形で紹介されたほうが「なんだか面白そうだな」と興味が持てます。
本書のあとにもまだ2冊刊行されています。
これらもすでに購入済み。
また楽しみに読ませていただきます。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック