2017年06月27日

「かわいそうだね?」綿矢りさ

CIMG3076.JPG

樹里恵は百貨店の婦人服ブランドショップで働く28歳。
大阪出身で現在は東京在住。
アメリカに住んでいて日本に帰ってきた隆大という彼氏がいます。
その隆大がアメリカにいたときに知り合った元カノのアキヨを自分のアパートに居候させると言い出すのです。
日本に帰ってきても居場所がなくかわいそうだからと。
もちろん樹里恵はいい気分ではありません。
しかしなんとか物分かりのいい彼女を演じて我慢するのですが・・・・。
ま、三角関係ですね。
いまいち煮え切らない彼氏、男好きのするちょっと頼りなくだらしない系な元カノ。
最後に町田康の小説を彷彿させるごとく大阪弁をまくし立てブチ切れる樹里恵がお見事。(笑)
もうひとつの収録作は「亜美ちゃんは美人」。
皆から注目される亜美ちゃんとさかきちゃんは高校時代からの友達。
人のいい亜美ちゃんはさかきちゃんにどっぷりと信用を置いているのですが、さかきちゃんはどこか冷めた目で亜美ちゃんを見ています。
やがて二人は大学生になり、社会人になり、さかきちゃんは亜美ちゃんに結婚相手を紹介されます。
これがとんでもない男で・・・・。
なんでこんないい女がこんなクズみたいな男と・・・・なんてよくあります(?)よね。
そんなパターンなわけですが、でもなんといいますか、亜美ちゃんの純度といいますか天然度といいますか、最後に愛は勝つみたいな。
突き抜けたところにも着地点はあるのだなと。
どちらも面白かったです。
この作者の作品はデビュー作から順を追って読んでいますが、私的にはだんだんとよくなっているように思えます。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック