2017年07月23日

「極みのローカルグルメ旅」柏井壽

CIMG3104.JPG

この本は食通に向けて書かれたものではありません。
かといってB級グルメマニア向けに書かれたわけでもなく。
その土地に行かなければ味わうことのできないローカルグルメを紹介した本です。
いいですねぇ、ローカルグルメ。
どの土地に行っても同じような料理が蔓延る昨今。
地方の名物とかいいながらも簡単に取り寄せたりできてしまいます。
ではなく、やはりその土地に足を運ばなければ食べられない料理があっていいはずです。
いや、なくてはなりません。
地元の人だけが知る味、店。
そういうのがあってこそ旅もまた楽しみになるというものです。
じゃあ旅行になんて行けない人はそういう料理を味わえないではないか、という意見もありましょう。
うむ。
それならば諦めればいいのです。
無理なら潔く諦めるというのも肝心です。
なんでもかんでも手に入るという考えが現代人の自惚れであり、物に対する有難みを失くしているのです。
どうしても諦められなければ執念でお金と時間を作って食べに行けばいいのです。
さてローカルグルメですが、こういうのって当然高級な懐石料理やフランス料理ではなくB級グルメ的なんですよね。
高級になるほどローカル色といいますか地元べっちゃり感がなくなるといいますか。
洗練とともにローカルな泥臭さがそぎ落とされてしまうんでしょうね。
この本で紹介されている店や料理はほとんどB級グルメ的です。
市役所の地下食堂のカレーなんてのも紹介されています。
やっぱり気取らなく昔から地元の人に愛されている料理というのはいいものですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック