2017年07月31日

7月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「将棋ボーイズ」小山田桐子
・「何様のつもり」ナンシー関
・「カレーライスと日本人」森枝卓士
・「定食バンザイ!」今柊二
・「ベーコン」井上荒野
・「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
・「たった一人の熱狂」見城徹
・「天才 創造のパトグラフィー」福島章
・「泣いたらアカンで通天閣」坂井希久子
・「走ル」羽田圭介
・「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」神山典士
・「極みのローカルグルメ旅」柏井壽
・「食堂つばめ2 明日へのピクニック」矢崎存美
・「日曜日の住居学 住まいのことを考えてみよう」宮脇檀
・「新宿駅最後の小さなお店ベルク」井野朋也

「将棋ボーイズ」、将棋そのものよりも高校生たちの友情とか成長を描いた物語です。
タイトルも含めて将棋小説としてはもひとつですかね。
「何様のつもり」、消しゴム版画とエッセイという二つの稀有な才能を持っていた著者。
版画のインパクト、エッセイの切れ味を堪能。
「カレーライスと日本人」、いまや国民食となったカレーライス。
日本人が初めてカレーライスと出会ってから現在に至るまでを追った一冊です。
「定食バンザイ!」、男性にとって昼めしはやはりがっつりと定食でいきたいですよね。
美味くて安くてボリュームがあれば言うことなし。
「ベーコン」、男女の話にさらりと食べ物を絡ませています。
どちらも生々しさという点では共通していますしね。
「フィッシュストーリー」、やはり上手いなと思います。
短編集ということで小粒な印象ではありますが。
「たった一人の熱狂」、なんとも熱い人ですね。
この生き様は誰にでも真似できるというものではありません。
「天才 創造のパトグラフィー」、過去の天才たちを精神医学から分析した本です。
やはりまずはこういう切り口になるんでしょうね。
「泣いたらアカンで通天閣」、大阪の下町を舞台にした笑いと涙と人情の物語。
ちょっとベタですけどね。
「走ル」、ロードレース、競輪、自転車部、そのどれらでもなく、ただ個人でひたすら走るだけの自転車小説。
こういうのもありなのかとちょっと感心。
「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」、日本のフランス料理の原点ともいえる存在でありながら、これまで誰も取り上げてこなかった人物を克明にたどったノンフィクション。
素晴らしい力作だと思います。
「極みのローカルグルメ旅」、地味でローカルではありますが、その土地ならではの食べ物がある。
こういうのを追いかけている人って本当に食べることが好きなんだなぁと思えます。
「食堂つばめ2 明日へのピクニック」、シリーズ第2弾なんですが早くもマンネリ感。
登場人物の柳井秀晴もいつまでなにやってんだって感じですし。
「日曜日の住居学 住まいのことを考えてみよう」、これから家を建てるという人には参考になるかも。
でも専門家と素人ではやはり考え方に乖離があると思いますけどね。
「新宿駅最後の小さなお店ベルク」、立ち退きを要求されながらも孤軍奮闘する小さな飲食店の軌跡。
一度いってみたいと思わせる魅力を感じました。

では今月の一冊を選ぶということで。
今月は飲食関係のエッセイ・ノンフィクションがどれもよかったですね。
中でもやはり「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」の著者の功績は大かと。
これを選ばせていただきましょう。

CIMG3089.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック