2017年09月09日

「翼はいつまでも」川上健一

CIMG3116.JPG

神山は青森県の中学3年生。
野球部に在籍しています。
といっても補欠ですが。
平凡な中学生ですね。
そんな神山はある日、三沢基地のアメリカ軍放送から流れてきた歌を聴いて落雷のようなショックを受けます。
ビートルズの「プリーズ・プリーズ・ミー」。
興奮した彼は翌日大声でクラスの皆にその歌を披露します。
「♪ラースタアナーセイトウマートウーマーイガール!」
この日から神山の日々が変わります・・・・。
ビートルズの歌に勇気づけられ、学校生活、野球、家族、友情、恋愛、別れ、いろんなことを経験し乗り越えていく少年の姿が実に清々しくて爽やかです。
このような経験ができるのはまさしく中学や高校といった時代ですね。
大人になると世界が変わるような新鮮な経験とは縁がなくなってしまいますし。
そういった数々のエピソードを、楽しく苦く描いているこの作品、青春時代を遠く過去にしてしまった世代にとってはとてもノスタルジックで眩しい。
青く恥ずかしいような部分も含めて。
最終章では30年後の同期会ということで、大人になった神山たちが描かれています。
輝いていたあの頃を思い出しつつ、大合唱。
「♪カモンカモン、カモンカモン、カモンカモン、カモンカモン!」
「♪プリズプリーズミーオーイエーライップリズユー!」
大人が読むには内容的に稚拙という評価もあるかもしれませんが、いかにも川上健一らしい瑞々しい青春小説だと思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください