2017年09月29日

9月の一冊

今月の読書は以下の14冊でした。

・「味覚極楽」子母沢寛
・「書店ガール4 パンと就活」碧野圭
・「サブカルで食う 就職せずに好きなことだけやって生きていく方法」大槻ケンヂ
・「犬婿入り」多和田葉子
・「翼はいつまでも」川上健一
・「ホテルオークラ 総料理長の美食帖」根岸規雄
・「誰も知らなかった インド人の頭ん中」冬野花
・「ホルモン焼きの丸かじり」東海林さだお
・「コミックVOW」コミックVOW制作委員会
・「宇宙戦争」H・G・ウェルズ
・「光の領分」津島佑子
・「サイゼリヤ革命 世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話」山口芳生
・「夜露死苦現代詩」都築響一
・「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~食品編その2~」初見健一

「味覚極楽」、大正から昭和初期にかけて書かれた味覚についての聞き書き。
グルメの変遷を知るには貴重な資料になるかと。
「書店ガール4 パンと就活」、書店を舞台とした好調なシリーズです。
今回から世代交代あり。
「サブカルで食う 就職せずに好きなことだけやって生きていく方法」、方法といってもハウツーなわけではなく。
まあ著者の自伝的エッセイとして読む本ですかね。
「犬婿入り」、民話的でシュールなんですけど、どこかユーモラスで。
芥川賞受賞作。
「翼はいつまでも」、中学生を主人公にした青春小説。
青いんですけど、それがまたこの世代の瑞々しい魅力なわけで。
「ホテルオークラ 総料理長の美食帖」、美食帖というタイトルはちょっと違う気もしましたが。
著者の半生記でありホテルオークラの歴史でもあります。
「誰も知らなかった インド人の頭ん中」、インド在住の著者が書いたインド人の実態。
ま、本で読むぶんには楽しめます。(笑)
「ホルモン焼きの丸かじり」、食エッセイとしてはダントツなこのシリーズ。
もちろん面白く、金字塔です。
「コミックVOW」、マンガ表現のあげ足取りですね。
ひまつぶしにはもってこいな一冊。
「宇宙戦争」、いったいなにが宇宙戦争なのかと。(笑)
この邦題、タイトルだけ見れば秀逸だと思いますが、内容と比較した場合ズッコケです。
「光の領分」、著者らしく離婚問題などを絡ませながら母娘を描いた小説。
いや、母娘というよりもひたすら母(主人公)にスポットを当てていますか。
「サイゼリヤ革命 世界中どこにもない“本物”のレストランチェーン誕生秘話」、サイゼリヤといえば驚愕のコスパなファミレスですよね。
そんな企業の舞台裏です。
「夜露死苦現代詩」、あらゆる文章を“現代詩”として鑑賞してみる。
うん、なんの影響力もない詩人なんか用無しですね。
「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~食品編その2~」、昔懐かしいあの食品たち。
しばしノスタルジーに浸れる一冊です。

さて今月の一冊。
う~ん、読んでいてこれはと思えるものはなかったですね。
突出して手応えを感じた本はなかったです。
それなり無難にといったところですか。
でもまあそんな中からでも一冊を。
「書店ガール4 パンと就活」はやはり上手いなと思います。
リアルを取り入れ、シリーズとしてマンネリにならないよう工夫もしておられますし。
「光の領分」、腰を据えてじっくりと読ませる力量はさすが。
味わい深い。
ですが、「翼はいつまでも」、これが無邪気でがむしゃらでよかったか。
ストレートさがズドンと来ました。
今月の一冊はこの作品にしたいと思います。

CIMG3116.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください