2017年10月21日

「食ショック」読売新聞食ショック取材班 著

CIMG3129.JPG

食について読売新聞に1年間連載されたものを書籍化。
内容は大きく3章にわかれています。
第一章は「食の安全をどう守る」。
まずは中国の冷凍ギョーザ中毒事件を取り上げています。
ありましたねぇ。
2008年、生協の中国製冷凍ギョーザを食べた家族が中毒症状をおこして入院。
ギョーザから殺虫剤が検出されました。
食べ物から殺虫剤って・・・・。
つい最近も惣菜店で食中毒が発生し、3歳の女児が死亡するという痛ましい事件がありました。
数年前には焼肉店の生レバー事件もありましたしね。
迂闊に信用できません。
第二章は「飽食のコスト」。
世界最大の食料輸入国でありながら大量の食料を捨て続けている日本。
いったいなにやってんだか。
食料自給率はカロリーベースで4割ほどだというのに。
第三章は「変わる食文化と食習慣」。
昔ながらの和食というのが片隅に追いやられてしまっています。
洋食化、そしてファストフードやインスタント食品の跋扈。
それも使いようによってはいいのですが、メインの食事としている家庭も非常に多い。
その結果が肥満や成人病です。
親が平気で子供に食べさせてますもんね。
しかしそれらの反動として、安全な食を提供する生産者、食べ残しを減らすための取り組み、食育などの運動をおこす人たちも現れています。
そういうのが少しずつでも広がっていくといいですね。
そろそろ目を覚まさないと本当にやばいんじゃないでしょうか、日本人。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『よ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください