2017年10月31日

10月の一冊

今週は15冊の読書でした。
いつもに比べると小説を多く読むことができました。

・「ロスジェネの逆襲」池井戸潤
・「手芸女」野坂律子
・「現代日本の小説」尾崎真理子
・「わたしたちに許された特別な時間の終わり」岡田利規
・「本棚探偵の生還」喜国雅彦
・「思い出のとき修理します4 永久時計を胸に」谷瑞恵
・「ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」」柴門ふみ
・「草笛の音次郎」山本一力
・「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」ジェーン・スー
・「ミュージック・ブレス・ユー!!」津村記久子
・「食ショック」読売新聞食ショック取材班 著
・「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」田中径一
・「草の上の朝食」保坂和志
・「アメリカの食卓」本間千枝子
・「愛情の系譜」円地文子

「ロスジェネの逆襲」、いまさらの感はありますが半沢直樹シリーズです。
でもやっぱり面白くて引き込まれました。
「手芸女」、手芸を扱っているということでどんなものかと読んでみました。
ラノベ的ではありますが意外とよかったです。
「現代日本の小説」、村上春樹あたりからの作家を取り上げておられます。
後何十年かするとそれらの作家はどういう位置付けになるのかなと、ふと思いました。
「わたしたちに許された特別な時間の終わり」、外国で戦争というとてつもなく大変なことが行われている中、日本には平和な時間が流れています。
どちらも現実なんですよね。
「本棚探偵の生還」、シリーズ第3弾。
いつもながら古本に対しての執念とこだわりが面白い。
「思い出のとき修理します4 永久時計を胸に」、シリーズ最終巻です。
ま、いままででいちばんマシでしたか。
「ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」」、人気マンガ家の食エッセイ。
いまいち好きになれませんが。
「草笛の音次郎」、渡世人の股旅ものです。
山本一力らしく歯切れのいい文章で楽しめました。
「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」、ほんとエエ歳して女子などというのはやめてもらいたい。
って大きなお世話でしょうけど。
「ミュージック・ブレス・ユー!!」、音楽が欠かせない女子高生が主人公。
音楽の祝福がありますように、といったところですか。
「食ショック」、日本の食事情の情けない実態が書かれています。
戦中戦後の食べ物のない時代はなんだったんでしょうね。
「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」、『大日本帝国食菜全席』というメニューのレシピを巡ったミステリー。
何重にも謎が仕掛けられ、実に面白く読めました。
「草の上の朝食」、毎日をのらりくらりと過ごす若者(でもありませんが)たちの話。
ほんとただの日常な小説です。
「アメリカの食卓」、アメリカで暮らした著者の食エッセイ。
古き良きアメリカという雰囲気があります。
「愛情の系譜」、恋愛で男に対して思い詰めてしまう女の性。
そんな母親の血を受け継いでしまった娘の物語。

今月の一冊ですが、やはり「ロスジェネの逆襲」と「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」が他より頭一つ抜きん出てましたかね。
「ロスジェネの逆襲」は予想通りというか期待通りというか。
「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」が思っていたよりよかった。
さてどちらにするかですが、池井戸潤氏の作品はずっと今月の一冊に選んできましたので、今回は「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」でいきましょうか。
ということでこれに決定。

CIMG3139.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください